紋次郎気質

1972年、一世を風靡した中村敦夫演じる木枯し紋次郎。笹沢氏が生み出した紋次郎とを比較しながら、紋次郎の魅力に迫ります。

Articles

日々紋次郎「瓦版に紋次郎を見た」

日々紋次郎「瓦版に紋次郎を見た」

日々紋次郎「瓦版に紋次郎を見た」
我が家の瓦版はずっと「京都新聞」。
最近、新聞をゆっくり読むことも減っていてうっかりしており、我が家の堅気の者から「紋次郎ネタ」が書かれている!と指摘される始末。
「どれどれ……」と目を落としたのは「凡語」というコラムでござんす。(11月27日付)
ちょいと古い話で、申し訳ござんせん。

連続時代劇が、この12月19日で姿を消す……「水戸黄門」が終了することに関連した記事でござんした。
高い制作費に見合う視聴率が取れねぇという昨今の連続時代劇。
う~ん、映画では時代劇が制作されているんでござんすがねぇ。

危機感を持った映画人が、存続を訴えるため国際映画祭で魅力を発信したり、京都府と京都市が東京の民放各社に足を伸ばしたり……。ご苦労されているようでござんす。
深夜枠でいいから、往年の名作を再放送しては……という提言の後、西部劇の王道に新風を吹き込んだ、「明日に向かって撃て!」になぞらえて書かれおりやすのが、「木枯し紋次郎」。

日々紋次郎「瓦版に紋次郎を見た」

当時の時代劇は、家族団らんの中で存在しておりやしたが、その中で「木枯し紋次郎」は異彩を放っていた、と書かれておりやす。
その作品の魅力が今も共感を呼べるなら、時代劇復活のヒントの一つになるのでは……と締めくくられておりやした。
このコラムを書かれた御仁は、きっと紋次郎ファンだとあっしは見やしたが、これには大いに賛同いたしやす。

深夜枠でいいから……と言わず、やってほしいもんでござんす。
できれば紋次郎を復活して欲しい……これには異論もござんしょうが……。
江口紋次郎が街道を去ってから、2年7ヶ月以上も経ってしまいやした。その後、風の噂も聞かれやせん。
年明けの元旦で、ブラウン管に兄貴が登場してちょうど40周年。

紋次郎を生み出した、当時のスタッフの心意気を継承し、職人気質の技術を集結させて欲しいと、願わずにはおられやせん。
今までとは違った時代劇を……。
あっしも今しばらく、考えてぇと思いやす。
さて、皆々様はいかがお考えでござんしょうか?

へい、御免なすって。

トラックバックURL

http://kogarashi1940.blog10.fc2.com/tb.php/179-91567a8d

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

Re: 日々紋次郎「瓦版に紋次郎を見た」

半年程前の朝日新聞の記事に(やはりこれも『水戸黄門』終了に関する記事でした)『復活してほしい時代劇 読者へのアンケートベスト10』のようなモノが記載されておりました。肝心の第一位が何だったのか思い出せないのですが(笑)・・・『木枯し紋次郎』は第二位だったと記憶しております。
映画版の時代劇も、最近ではかなりクオリティーの高いものが多いですし、特に震災以降『日本人としてのあり方』を問うようなものが増えてきましたね。海外からの評価も高まっているようですし、ここは一つ、兄貴に御登場願いたい所でござんすね。

Re: 日々紋次郎「瓦版に紋次郎を見た」

ケンシロウさま、コメントをいただきありがとうございます。

スゴイ!
紋次郎は第2位だったんですね。
これは是非、テレビ局で検討していただきたいものです。

紋次郎の生きざまはもちろんですが、日本の原風景の美しさも映像化していただきたいです。

紋次郎の原作はたくさんありますし、映像化して欲しいものはいっぱいあります。

視聴率、とれると思うんですけどね。

あとはやはり、キャスティングでしょうか。


  • 20111217
  • お夕 ♦wikz35BA
  • URL
  • 編集 ]
Re: 日々紋次郎「瓦版に紋次郎を見た」

こんばんわ。
なるほど、なるほど。
過日、クラシック音楽を長年やられていた方と話する機会がありました。
クラシックもやはり深夜枠ばかりなんで、日々録画してDVDを積み上げられているとのこと。

韓国ドラマがたくさん流れているのは、単価が安くって視聴率がとれるからだそうですね。

今、BSプレミアムでは山田洋次監督が選んだ日本映画百選とか言って、やたら古い映画を放映していますが、「時代劇枠」があってもよさそうな気がしますね。

なにしろNHKも視聴率至上主義で子供やジャニーズやAKB48を連れて来て、権威があるはずの紅白歌合戦をやる時代ですから、考えものです。

京都新聞の凡語はこれですね。
http://www.kyoto-np.co.jp/info/bongo/20111127.html

本当にこのDVD時代だったら深夜放送でも観る人はたくさんいると思います。
私はもうリタイアしていますが、来年には同年代が皆、65歳!視聴率がとれることは間違いなしだと思います。

  • 20111219
  • 小父さん ♦-
  • URL
  • 編集 ]
Re: 日々紋次郎「瓦版に紋次郎を見た」

小父貴さま、コメントをいただきありがとうございます。

テレビ業界の未来は、どうなるのでしょうか。様々なメディアがある中で、生き残れるのでしょうか。
そのためにも、番組の質を高めてほしいものですね。

時代劇は、古くて新しいステージだと思います。
是非とも「平成版 木枯し紋次郎」を作ってほしいと思っています。
賛否両論あると思いますが、どちらにしても話題にはなりますものね。

  • 20111220
  • お夕 ♦wikz35BA
  • URL
  • 編集 ]
コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/