紋次郎気質

1972年、一世を風靡した中村敦夫演じる木枯し紋次郎。笹沢氏が生み出した紋次郎とを比較しながら、紋次郎の魅力に迫ります。

Articles

“紋Cafe”でいっぷく「足袋型シューズ」

“紋Cafe”でいっぷく「足袋型シューズ」

“紋Cafe”でいっぷく「足袋型シューズ」
以前に、「スッポン足袋」のことを書かせていただきましたが、それ以来気にはなっておりました。
あの足袋のような履き心地の靴はないのだろうか……と思っていたのですが、いろんな方から情報をいただき、ネットで探しますと……
ありました!
結構いろいろなタイプのものがありました。どれも機能としては、スポーツシューズとして優れている、ということなのでウォーキングにはいいな、と思いました。
ということで、検討した結果「ナイキ エアリフト」に決定!
ネットで注文し、届いて早速履いてみました。足を包み込むような安定感と、負担のない軽さ。そして一番の心地よさはやはり、足先が足袋型であるということです。地面を掴む感じがいいですね。
ウォーキングや軽いランニングにはピッタリです。

トレッキングシューズも持っているのですが、どういう訳かいつも足のつま先、親指の爪の部分が痛くなるんですが、このシューズはその点安心でした。足袋型ですので、つま先が痛くならないんですね。
それにマジックテープで甲のところを締めますので、ジャストフィットです。草鞋の紐を締めるような感覚でしょうか。この一手間が、何となく格好いいんです。
頑丈な造りではありませんが、ちょっとした山歩きなら行けそうです。

今回の鳥居峠はこのシューズを履いて行きました。全く足は痛くならず、快適でした。奈良井の喫茶店で、お店の方が「まあ、変わった靴を履いていらっしゃる!」と、気づいてくださり、ちょっと嬉しかったです。

これからも愛用していきたいと思っています。

トラックバックURL

http://kogarashi1940.blog10.fc2.com/tb.php/213-2f5123f3

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

カッコいい♪

履きやすそうなシューズですね。
ナイキのマークの使い方も洒落てます。
私のトレッキングシューズは、サイドにジッパーが付いたものです。
紐で編み上げてフィットさせますが、着脱時にジッパーがあると便利です。

昨日から15日まで「夏休み」です。
のんびりしています。

では、又♪

Re: “紋Cafe”でいっぷく「足袋型シューズ」

ぶんぶんさま、コメントをいただきありがとうございます。

最近は、素足にこのシューズを履いています。
甲の部分が開いているので、かなり涼しいです。

ここ2~3日は明け方、オリンピックの応援をしてから、早朝ウォーキングをしています。
今朝はボクシングを観てから、気持ちよく歩き回ってきました。
オリンピックが終わっても、しばらくは続けたいのですが、どうなるかなあ。

残暑も厳しそうです。
ご自愛くださいね。

いつもありがとうございます。

  • 20120812
  • お夕 ♦wikz35BA
  • URL
  • 編集 ]
Re: “紋Cafe”でいっぷく「足袋型シューズ」

おお!買われましたか。
素敵です。
あのナイキが手掛けてスニーカーにし、女性からも支持されているんですね。

私は、昔から個人的に「機能的には素晴らしいのに、抵抗があるもの」が幾つか有りました。
五本指ソックスも、発売された当初は下駄で出かける時に最適だったので買ったものの、友人に「なんや、ミイラ男の足みたいだな」と言われ、履くのをやめました。
(ミイラって、足の指の一本一本に包帯巻いてたかなあ?)
それが今や市民権を得て、若い女性も履いている時代になりました。

パッチ(モモヒキ)も、小学校や中学校へこんなものを穿いて行ったら、「うわ~~こいつオジンや~~」と言われる風潮があったので、自分が本当にオジンになっても穿かずにいました。
それが今や「ユニクロヒートテックタイツ」として、品薄にさえなっている状態です。
(ツーリングで寒いので買ったのですが、未だに「これはパッチではない!ユニクロヒートテックタイツやぞ!」と力説している)

サルマタは「ロングボクサーパンツ」に。
ステテコも、「女子テコ」としてファッショナブルになってきてます。
次は「ババシャツ」でしょうか。
(検索したら、大手メーカーも本当にこの名称なんですよね 笑)

そして黒足袋。
紋次郎放映時は、あのコスプレがしたかったものの、股引に足袋で外出することは一応抵抗があって出来ず、大人になってから色の褪せたジーンズに黒のロングブーツでそれっぽくしている状態です。

足袋シューズ、そんなに履き心地が良いのなら私も履いてみたいですが、膝までの黒いロングブーツになったものはまだ無いみたいですね。
それがあれば、下半身はより紋次郎に近くなれるものを。

  • 20120812
  • TOKI ♦nhNJg39g
  • URL
  • 編集 ]
Re: “紋Cafe”でいっぷく「足袋型シューズ」

お夕さんへ!!
この履物は足幅の大きな私に絶好なようです。昔の侍が履けば動き易かったでしょうね^^。

お夕さんの「バレーの爪の垢でも・」という言葉が聞いたのか、今夜の虎は見違えるような強さでしたよ。!やっと8連敗で止まりやはり、勝てば嬉しく思うものですね^^。観客の喜ぶ姿を見れば涙が出ました。涙)頑張らなくちゃいけませんね^^・
竹下さん今まで独身と言っていたのですねー。?!

  • 20120812
  • 荒野鷹虎 ♦-
  • URL
  • 編集 ]
Re: “紋Cafe”でいっぷく「足袋型シューズ」

TOKIさま、コメントをいただきありがとうございます。

日本の昔からの知恵を、見直す傾向がありますね。
五本指ソックスではないですが、私は足袋ソックスを愛用しています。
やみつきになりますね、この感触は……。

ちょっと前までは五本指は、水虫対策用ソックス(笑)という認識でしたが、機能面から考えてもこれはすばらしいと思いますね。手と同じように足の指にもそれぞれ働きがあるでしょうから……この形態の元は足袋なんでしょうか?

パッチ、猿股、ステテコ……どれも懐かしい響きです。
実はここだけの話(ここだけってどこよ!ってか)ですが、私、ステテコも持っております。

ステテコと言えば、私のイメージでは「植木等さん」ですね。腹巻にカンカン帽……夏の過ごし方としては完全防備。
理にかなっています。見た目はちょっと、ですけど……(笑)。

紋次郎は黒足袋ですが、あれは材質は布ですよね。革足袋ではないですよね。繕っているのを見たような記憶はあるのですが……。

女子用で足袋型のハイソックスに近いモノはあるようですが、紳士用はどうでしょう。

膝丈の足袋型と言えば、思いつくのは「地下足袋」しかありません。
是非、ご検討ください。

  • 20120812
  • お夕 ♦wikz35BA
  • URL
  • 編集 ]
Re: “紋Cafe”でいっぷく「足袋型シューズ」

鷹虎さま、コメントをいただきありがとうございます。

このシューズ、年輩の方やリハビリ中の方にもよいかと思います。地に足がつく感じで、安定します。

そうですか、虎は勝ちましたか。
オリンピックに意識が行っておりまして、知りませんでした(ちょっと薄情ですが)。
それよりレスリングの、胸で吼えている虎のインパクトに注目していました。
来季はこれにあやかって、タイガースもユニホームの前面に、虎をプリントしてもいいのでは……(大阪のオバチャンっぽいですか……笑)

  • 20120813
  • お夕 ♦wikz35BA
  • URL
  • 編集 ]
Re: “紋Cafe”でいっぷく「足袋型シューズ」

お夕さん、実は私、先月末13年ぶりの富士登山、しかも地下足袋で登頂して参りました。
今回は一緒に登ったのが、自分よりも一回りほど若い、体力に自信のあるイタリア人の友人。彼はいつか富士山に・・と思い続け、今年ようやく夢が叶ったと云う訳です。
対するあっしは、3度目とはいえ前回から間が空いている。
日本人のプライドに懸けて、絶対に弱音は吐けない。それならば足元は、過去の経験をフィードバックさせて地下足袋使用が良いだろう・・と考えました。
結果を申しますと、登りは『これ以外に考えられない』という程、フットワークが軽くなります。富士山は溶岩の岩場が多いので、踏ん張りの効き具合はトレッキングシューズの比ではありません。グリップ力も然り。またほんの少しの出っ張りや狭い窪みにも爪先が入ります。
しかし問題は下り。底の薄さのせいで、登りは楽だったソロバン状の岩場も、常に強烈な足ツボマッサージを受けているような状態。
そして痛さを庇うせいか、膝裏が痛み出す始末。何分にも距離が長いのも大きく響きました。
それでもなんとか無事に登頂・下山を17時間でこなし、イタリア人にも『さすがニンジャ・シューズは凄い』と言わしめたのでありました。
地下足袋の快適さに味を占めた私は、次の週、八ヶ岳の知り合いの登山イベントに参加し、またもや岩場だらけの瑞牆山を、忍者のように駆け上がり、山男・山ガール達を驚かせたのでありました(笑)
普段それほど、登山というものをしてはいない私も、また行こうと思わせてしまう地下足袋。かなり強力であります。(強力・・・といえば、昔の富士山の荷物運びを引き受ける強力(ごうりき)さん達は皆、地下足袋を使用されていたそうです。

Re: “紋Cafe”でいっぷく「足袋型シューズ」

ケンシロウさま、コメントをいただきありがとうございます。

地下足袋で富士登山……素敵じゃないですか。
私も10年以上前に5合目から登りましたが、悪天候のため8合目で断念しました。
5合目から8合目という何とも中途半端な登山でしたが、十分しんどかったです。

ケンシロウさんたちは、一からの登頂ですよね。すごいです。

地下足袋は、登りに実力を発揮するんですね。何となくわかる気がします。
昔の人はやはり、草鞋だったんでしょうか。それとも一本歯の高下駄?
今以上に、大変だったろうと思います。

「ニンジャ・ブーツ」ですか、なるほど!
日本男児ここにあり!でしたね。
お疲れ様でした。

  • 20120909
  • お夕 ♦wikz35BA
  • URL
  • 編集 ]
コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/