紋次郎気質

1972年、一世を風靡した中村敦夫演じる木枯し紋次郎。笹沢氏が生み出した紋次郎とを比較しながら、紋次郎の魅力に迫ります。

Articles

“紋cafe”でいっぷく「月日の経つことの早さ」

“紋cafeでいっぷく”「月日の経つことの早さ」

“紋cafe”でいっぷく「月日の経つことの早さ」
*龍の素材は、穀物「大豆、黒豆、小豆、胡麻等)や海産物(鰹節、昆布、するめ、干魚等)でできています。来年は巳年ですので、蛇が作られます。故郷の祭のダシです。


辰年もあと残すところ僅かとなりました。
毎年思うのですが、1年があっという間に過ぎ去ります。
時が流れるスピードは変わりがないはずなのに……と思うのですが、子どもの頃の一日は長かったように感じます。
特に小学生の頃の休日や放課後は、ゆっくり時が過ぎていたように記憶しています。
そして、決まって思い出すのは授業以外のこと。
言い替えれば、授業は全く覚えていないということですね。

5月の連休……菜の花のにおい、タンポポで遊んだこと、空に泳いでいた鯉のぼり、白く咲く豆の花、ツツジの花の蜜の味

夏休み……まどろみの中で聞いていたラジオ体操の音楽(いつも寝坊して、サボってました)いつまでも遊んでいた運動場の土のにおい(近所が小学校なので)、家の前のどぶ川の悪臭(毎日ドジョウやザリガニを捕ってました)、夜に響くウシガエルの声

秋……稲刈りの後の田圃で遊んだこと、藁を焼くにおい、夜の虫の声、鉄棒で遊んだ後の錆のにおい、家並みの向こうに沈む夕日の美しさ

冬休み……寒い夜空の星の観察(宿題でした)、たくさんの飼い猫と寝ていた寝床の温かさ、父親が持って帰って来るクリスマスケーキのまずさ(毎年福利厚生で職場からもらって来るのですが、ホントにまずかったです)目をこすって見ていた紅白、がんばって作った割りには、一人分も入れなかったかまくら

きりがないくらい、いろいろと思い出します。ああ、あの時はのんびりしていたなあ、と思いますが、当時はそうは思っていなかったでしょうね。今思うからそう感じるだけで……。でも、ドキドキワクワクの毎日で、充実した時間だったんでしょうね。

調べてみますと「ジャネーの法則」で、「時間の心理的長さは年齢に反比例する」という説があるようです。ただこの法則は、科学的に実証されたものではないらしいのですが、(実験のしようがないとのことで)19世紀の哲学者は日々の実感で気づかれたんでしょうね。

“紋cafe”「月日の経つことの早さ」

いろいろとありましたが、この1年、なんとか乗り切れることができました。
今年も紋次郎を愛することができて、幸せでした。そして拙ブログにおいでいただいた方々の、あたたかい励ましやコメントも、大きな力となりました。
本当にありがとうございました。
これからも、どうぞ宜しくお願いいたします。

本年はこれにて、御免被りやす。
どちらさんも、よいお年をお迎えくだせぇ。

トラックバックURL

http://kogarashi1940.blog10.fc2.com/tb.php/231-2f1ccba0

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

Re: “紋cafe”でいっぷく「月日の経つことの早さ」

迫力有るドラゴンですね。
鰹節や干魚で出来てるんですか。
置いておいたら、ネコがいっぱいたかりそう。(笑)

私が日本の風土の四季折々の喜びに目覚めたのは、間違いなく紋次郎の映像からでした。
また、ちょうどブームの頃、こんな曲がヒットしましたよね。
http://www.youtube.com/watch?v=XoBEQgvrjm8

「ジャネーの法則」っていうんですか。
大人になるに連れ「日々の新たなる出会い」というものが少なくなるせいでしょうか。
成人してから、これをひしひしと実感しましたが、今になって考えたら30代の1年は、40代の2年、50代の3年分の密度があったように思えます。
それから考えたら、50代の「今」だって、あと10年後よりは密度がある、ということなんですよね。
「一期一会」の気持ちで日々を大切に生きて行きたいと考えます。

よいお年を!

  • 20121230
  • TOKI ♦nhNJg39g
  • URL
  • 編集 ]
Re: “紋cafe”でいっぷく「月日の経つことの早さ」

TOKIさま、コメントをいただきありがとうございます。

「あの時は……」と思い出すのは「今」の時点であって、その時は長いも短いも感じず過ごしていますよね。
時間という観念は、複雑で難しいですが、やはり「今」が一番大事なんだと思います。

今、何かに熱中しているか、生き甲斐を感じているか、誰かに必要とされているか……。
前回の記事にあった「いま、ここ」に通じるものがあります。
未来の自分から、「あのときは、よくがんばっていたなあ!」と褒めてもらえる「今」でありたいと思います。

来年も宜しくお願いします。

  • 20121230
  • お夕 ♦wikz35BA
  • URL
  • 編集 ]
Re: “紋cafe”でいっぷく「月日の経つことの早さ」

こんばんは♪

いよいよ、明日は大晦日ですね。
ちょくちょくと拝見させていただいていたのですが・・・
手ぬぐいを出すこともせず、不義理を重ねております。
節目節目にはお言葉を頂戴いたしまして、感謝しております。

来年は「“紋cafe”でいっぷく」を増やしていただき
是非、門外漢の私でも、ふらりとお茶と団子を楽しめる
茶店の営業をお願いいたします。

本年は大変お世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願い致します。
良いお年を!

Re: “紋cafe”でいっぷく「月日の経つことの早さ」

ご無沙汰しております。

新しい出来事を体験するときは時間が長く感じるとか… ともあれ、時間は大切にしたいと思います。ヘビの年ではカエルが萎縮してしまいそうなので、よりかわいがってあげねばなりませんね。

と言うことで、来年もよろしくお願い申し上げます。

  • 20121230
  • マイタ ♦B2BsuZNw
  • URL
  • 編集 ]
Re: “紋cafe”でいっぷく「月日の経つことの早さ」

ぶんぶんさま、コメントをいただきありがとうございます。

“紋cafe”は不定休というか、開店日が定かではない……(笑)。
幟が上がり暖簾がかかっておりましたら、またお立ち寄りください。
品数が少なくて申し訳ございませんが、お待ちしております。

来年もご贔屓のほどを……。

  • 20121230
  • お夕 ♦wikz35BA
  • URL
  • 編集 ]
Re: “紋cafe”でいっぷく「月日の経つことの早さ」

「年齢と共に、時間の経過感覚が変化する」
調べたら、生物学的な根拠があるのだそうです。
http://matome.naver.jp/odai/2135561578392538101

つまらん議論や式典の5分が、冬の朝、布団から出るまでの「あと10分…」よりも長く感じることについては、医学的な根拠はあるのでしょうか。(笑)

  • 20121231
  • TOKI ♦nhNJg39g
  • URL
  • 編集 ]
Re: “紋cafe”でいっぷく「月日の経つことの早さ」

マイタさま、コメントをいただきありがとうございます。

楽しいときはあっという間に過ぎますけど、嫌なことや面白くないときは、長く感じますもんね。
気の持ちようで、時の流れは変わります。気まぐれですね。

来年は巳年。
カエルさんにとっては天敵のヘビさんですが、金運がアップする年になるといいですね。
益々の商売繁盛をお祈りします。

来年も宜しくお願いします。

  • 20121231
  • お夕 ♦wikz35BA
  • URL
  • 編集 ]
Re: “紋cafe”でいっぷく「月日の経つことの早さ」

TOKIさま、コメントをいただきありがとうございます。

代謝に関係するんですか。そうなると、かなり科学的に解明されそうですね。

野生の生き物たちの体内時計の正確さには、驚嘆することがあります。
現代人は随分、体内時計が狂っているのではないでしょうか。
江戸時代の人と現代人……一日という時間の感覚は、随分違うでしょうね。

あ、そう言えば紋次郎サンも、今が何時かを大体当てていますよね。
長年、旅を続けた経験と、野生の勘から来るものでしょうが……。

時間の流れは目に見えませんし、触れることもできません。
見えないものや形のないものこそが、一番大事なものなのかも、と漠然と思っています。

  • 20121231
  • お夕 ♦wikz35BA
  • URL
  • 編集 ]
Re: “紋cafe”でいっぷく「月日の経つことの早さ」

お夕さま、ご無沙汰しております!

今年はバタバタしていて(今年、も?)
楽しむことがやや少ない1年でした。

でも、気持ちが内に内にと向かって
いろいろ考えることも多く、
それはそれで良い年だったかな?
とも思える年でした。

毎年思うことではありますが
新たな年こそ、お夕さまのように
楽しみながら何かを深く深く掘り下げていく
1年にしたいです。

2013年もどうぞ宜しくお願いいたします!

  • 20121231
  • ナラリーノ ♦SJMMuUIM
  • URL
  • 編集 ]
Re: “紋cafe”でいっぷく「月日の経つことの早さ」

ナラリーノさま、コメントをいただきありがとうございます。
お久しゅうございます。
お元気そうで何よりです。
昨日偶然にも、「ナラリーノさん、どうしてはるかなあ……」と思っていましたので、コメントをいただき大変嬉しいです。

よい年をお迎えいただき、充実した日々をお送りくださいね。
来年も宜しくお願いします。

  • 20121231
  • お夕 ♦wikz35BA
  • URL
  • 編集 ]
Re: “紋cafe”でいっぷく「月日の経つことの早さ」

たしかに,子供の頃は時間が無限にあるような気がしていましたね.今の私の年齢になど,永遠に到達しないと思っていたぐらいで...

私も時間が気になりますね.ゆっくり道を歩く若い人たちを,私などはどうしても追い越してしまいます.彼等からは,頭の中に時計が埋め込まれたような,せっかちなオジサンに見えることでしょう.
だからこそなのでしょうが,例え数時間でも数分でも,自然や偶然が与えてくれるゆったりとした時間を過ごせた時の充実感は,代え難いように感じます.

歳を跨いだご挨拶となってしまいましたが,今年もよろしくお願いいたします.

  • 20130101
  • トラの父 ♦-
  • URL
  • 編集 ]
Re: “紋cafe”でいっぷく「月日の経つことの早さ」

トラの父さま、コメントをいただきありがとうございます。
本年も宜しくお願いいたします。

いかにして時間を有効に使うか……大切なことでしょうが、最も私が苦手とするところです。
振り返れば、ちょっとしたことにはせかせかと時間を惜しむクセに、惜しんで稼いだ時間をしょーもないことに使っています。
日々反省です。

仰るとおり例えば、帰り道に泣けるほど美しい夕焼け空に出合えたときなんか、いつまでも見ていたい、この時に立ち会えて良かった……とか思いますもんね。
眺めているときの数分間は、至福のときです。長さじゃないんですよね、こういうのは……。

ところでネコちゃんは、時の流れを感じているのでしょうか。
またトラさんに、訊いてみてくださいませ(笑)。

  • 20130101
  • お夕 ♦wikz35BA
  • URL
  • 編集 ]
Re: “紋cafe”でいっぷく「月日の経つことの早さ」

明けましておめでとう御座います。!
今年も昨年に変わらぬご愛顧のほど宜しくお願いいたします。
お夕さんも益々ご発展の事をお祈りいたします。!

  • 20130103
  • 荒野鷹虎 ♦-
  • URL
  • 編集 ]
Re: “紋cafe”でいっぷく「月日の経つことの早さ」

鷹虎さま
あけましておめでとうございます。

早々においで頂き、ありがとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

多岐にわたり、いろいろとお教え頂きありがとうございます。
これからも、ご示唆いただきますようお願いいたします。
今年の冬も寒さが厳しそうです。
ご自愛くださいますよう……。

  • 20130103
  • お夕 ♦wikz35BA
  • URL
  • 編集 ]
コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/