紋次郎気質

1972年、一世を風靡した中村敦夫演じる木枯し紋次郎。笹沢氏が生み出した紋次郎とを比較しながら、紋次郎の魅力に迫ります。

Articles

“紋cafe”でいっぷく「お誕生日おめでとうございます!」

“紋cafe”でいっぷく「お誕生日おめでとうございます!」

“紋cafe”でいっぷく「お誕生日おめでとうございます!」
2月18日は、敦夫さんの73回目のお誕生日です。
今年はお誕生日のお祝いに、地元のお菓子を贈りました。
昨年は、山頭火の世界を表現した写真集、一昨年は土方歳三の卓上カレンダーでした。ちなみに土方歳三は、敦夫さんが好きな志士です。

敦夫さんはいつも、律儀にお返事を送ってくださいます。

今回のお菓子は、以前も敦夫さんにお渡ししたものです。
2009年の秋、和歌山まで敦夫さんの講演を聴きに行ったときでした。
講演が終わり、控え室におられるところにアポなしで突撃した(笑)のですが、天にも昇る気持ちでした。今思い出してもドキドキします。
講演の事は記事にしましたが、そのあとのことは記事にしようと思いつつ、月日が流れてしまいました……またいずれ、ご紹介しようと思います。

2月18日の誕生花を調べますと、「タンポポ」ということです。これは、本によって諸説がありますので、他を調べると違う花だったりします。しかし、紋次郎を演じた敦夫さんらしい花ではないでしょうか。
野に咲く花で、これほどタフな花はありません。苛酷な環境でもしっかり根を張りますし、踏まれても枯れることはありません。お花屋さんで咲き誇る花ではなく、野末で咲く健気な花。今は葉を地表に広げ、春が来るのをじっと待っている状態ですが、もうすぐあちこちに黄色い花をつけることでしょう。


いつまでもご健康で、益々のご活躍をお祈りしたいと思います。
敦夫さん、おめでとうございます!

トラックバックURL

http://kogarashi1940.blog10.fc2.com/tb.php/237-391996c4

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

Re: “紋cafe”でいっぷく「お誕生日おめでとうございます!」

中村敦夫さんは73にもなられるんですか。
それはそれは、おめでとうございます。
お夕さんの中では紋次郎の中にはいつも敦夫さんがいらっしゃるんですね。

いやー、すごいです。アポなしの乱入なんて。
まるでファンを通り越した恋人ですね。
うらやましいです。
今、そのような人が見つかりません。
例えば、三丁目の夕日の一作目の堀北真希が可愛いな
と思っても朝ドラの彼女は一回も観たことないわけで
ひとつのドラマのその役がいいいいと思ってもそれで終わりです(笑)

中村敦夫さんも息の長い俳優さんですね。
たしか、テレビのニュースショーとか国会議員もやられたんでしたっけ?

お夕さんの生き方は素敵です。

  • 20130218
  • 小父さん ♦-
  • URL
  • 編集 ]
Re: “紋cafe”でいっぷく「お誕生日おめでとうございます!」

小父貴さま、コメントをいただきありがとうございます。

私にとって、紋次郎=中村敦夫さんです。
これは終生、ゆるぎないものだと思います。

恋人なんてとんでもないです……畏れ多くて(笑)。
フィクションの世界に生きるヒーローが、目の前に実在しているといった、感動的な錯覚です。
天にも昇る心地とは、こういうものなんだなあと、生まれて初めて知りました。

今、山頭火の朗読劇を各地で上演されています。いつか関西で上演されるといいなあ、と思っています。
また日本ペンクラブの理事、環境委員長として、原発問題にも警鐘を鳴らす講演をされています。
生き方も含めて憧れています。

  • 20130219
  • お夕 ♦wikz35BA
  • URL
  • 編集 ]
Re: “紋cafe”でいっぷく「お誕生日おめでとうございます!」

>私にとって、紋次郎=中村敦夫さんです。
>これは終生、ゆるぎないものだと思います。

全く同感です。
で、それだからどうするのかが、私は逆なんです。
お夕さんは、紋次郎を内包した敦夫さんの全体像を見つめてこられたんですね。
私は、敦夫さんの、紋次郎と重なっている部分以外は、極力目を背けておりました。
このあたりが少女ファンと少年ファンの視点の違いでしょうか。

以前も少し書きましたが、私は当時、サンタクロースは実在しないというのは知ってる年齢でしたが、「紋次郎は実在しない あれは中村敦夫という俳優が演じているのだ」ということは、どうしても受け入れられなかったのです。
そのため、洋服を着た敦夫さん、微笑む敦夫さん、自称を「あっし」と言わず「私」と言う敦夫さんを見てしまったら、自分の中の何かが壊れてしまうと、ずっとずっと思ってきたのです。

でもそろそろ「人間 中村敦夫さん」に目を向けてもいい時期かなと思えるようになって来ました。

話は変わりますが、柴田錬三郎・文 横尾忠則・画 昭和50年週刊プレイボーイ連載「絵草紙 うろつき夜太」という作品には、ゲストで眠狂四郎のほか、なんと木枯し紋次郎まで登場するとのことです。
どんなのか、読んでみたいです。

  • 20130220
  • TOKI ♦nhNJg39g
  • URL
  • 編集 ]
Re: “紋cafe”でいっぷく「お誕生日おめでとうございます!」

TOKIさま、コメントをいただきありがとうございます。

元少女ファン(笑)だった私は、敦夫さんの出演される番組のほとんどは観ました。中にはトンデモ番組もありましたが、それはそれで娯楽作品として別腹(笑)感覚で観ていました。

お誕生日の翌日、2月19日にナント!早くも敦夫さんからおハガキをいただきました。
なんて律儀な方なんでしょう!紋次郎と同じく義理堅い方です。
お誕生日当日に書かれたようです。

「でも73歳で一寸はずかしい気分です。」とあり、山頭火のモチーフの絵ハガキでした。
もちろん、私のお宝です。

私も、柴錬が書かれた紋次郎像を読んでみたいです。

  • 20130222
  • お夕 ♦wikz35BA
  • URL
  • 編集 ]
Re: “紋cafe”でいっぷく「お誕生日おめでとうございます!」

お夕さん、こんばんわ。

えっ?お夕さんが中村敦夫のファンだとは知っていたけど、贈り物をしたり、お礼状を頂くような仲だったとは!びっくり!

トツゲキとは、やっちゃいましたねえ。( ^-^)
でもせっかくのチャンスだものねえ。

敦夫さん、本当に良い人ですね。
羨ましい!

Re: “紋cafe”でいっぷく「お誕生日おめでとうございます!」

九子さま、コメントをいただきありがとうございます。

残念ながら、全く深い関係には至っておりません(笑)。
しがないおばさんファンにまで、心遣いをしてくださるジェントルマンです。
有名人なのに高ぶらない方なんで、ホント感激します。

これからもお元気で、活躍される姿を見せていただきたいと思っています。

  • 20130226
  • お夕 ♦wikz35BA
  • URL
  • 編集 ]
コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/