紋次郎気質

1972年、一世を風靡した中村敦夫演じる木枯し紋次郎。笹沢氏が生み出した紋次郎とを比較しながら、紋次郎の魅力に迫ります。

Articles

第26話「 お百度に心で詫びた紋次郎」(後編)

第26話「 お百度に心で詫びた紋次郎」(後編)

第26話「 お百度に心で詫びた紋次郎」(後編)
(原作 第50話)(放映 1978.3.29)
紋次郎が清兵衛の家に帰ってくると、お久が紋次郎の着物を物干し竿に掛けている。黒い足袋も一緒に洗ったようである。さすがに下着類は干されていない(笑)。紋次郎はその様子に驚いて、「私、余計なことをしたんでしょうか。」と詫びるお久に、「とんでもねえ。世話になりすぎて心苦しいんで……。」と答える。

テレビ版のお久は、すっかり女房風情である。
お弓はかけ寄って「お帰り。」と紋次郎を出迎える。紋次郎は他人から、「お帰り。」などと声をかけられたことはない。紋次郎を待つのはだれか……前シリーズの主題歌「だれかが風の中で」では、紋次郎の心象風景を歌ったものかと思っていたが、意外にも、純真な幼子が紋次郎の帰りを待っていた。
紋次郎はお弓の肩に手をかけ、二人並んで屋敷へ向かう。その様子にお久の表情が和む。これが「木枯し紋次郎」のドラマか、と目を疑いたくなる。
「瞬く間に二日が過ぎた。畑で鍬をふるい、浜辺で海藻を拾い、裏山で薪を集め、それが紋次郎の日課であった。ほかはお弓に楊枝の笛を聞かせてやるのが、仕事と言えば仕事であった。」(芥川氏のナレーション)

そんな平和な時間と平行して、六右衛門が放った七人の子分たちが、那古村を目指して歩き続けている。無言で足早に一列になって歩く姿は、まさしく風雲急を告げる。

この後、紋次郎とお弓が裏山で薪を拾うシーンとなる。ここで原作のようにお弓が「おいちゃん、もうどこへも行かないね。」と紋次郎に言う。
「さあな。」と、紋次郎は明言を避ける。
紋次郎に「ちゃん」になって欲しい、本当の「ちゃん」は、信州で死んだってじいちゃまが言った、とお弓は拗ねたように言う。
この子役は実に滑舌がよく、しっかりしている。素朴な幼子というより、躾が行き届いた優等生といったタイプである。

紋次郎は複雑な表情で、お弓を見守る。
薪を背負って帰路につく紋次郎の腰には、長脇差はない。原作でも、初めてお弓に楊枝を鳴らした後の三日間、長脇差を家の中に置いて仕事に出ている。紋次郎がこんなに長く、長脇差を手放したことがあっただろうか。それも外部からの力ではなく、自らの判断で、我が身から長脇差を遠ざけるとは……。

途中でお久がお百度参りをしているのに出合う。亭主のことはあきらめろと清兵衛から言われてはいるのだが……。長年の旅を続けられるほどの器量がある男ではないから、今頃はどこかで無縁仏になっているだろうと……。
お久の話を紋次郎は、海辺で黙って聞いている。日が暮れて薄暗い中、波の音が聞こえる。丹後地方の日本海がロケ地だろうか。

たいまつを手に、夜道を往く六右衛門一家の列。ヒタヒタと迫り来る恐怖。

朝、畑仕事を終え、農具を洗う紋次郎に清兵衛は声をかける。そろそろ那古の土になることを決断しないか、と……。紋次郎は無言で、作業を続ける。その姿を清兵衛はにこやかな顔で眺めている。すっかり百姓姿が身についてしまった紋次郎は、牙を抜かれた獣のようである。
テレビ版では明確な返答はしていないが、原作ではハッキリと言っている。

「へい。もしお邪魔でねえようでしたら、しばらくはご厄介になろうかと、そんな気でおりやす」
紋次郎は、用意されていたわけでもない言葉を、ひどく素直に口にしていた。だが、ここにしばらく厄介になるということには、まだ実感が伴っていなかったのである。
(原作より抜粋)

姫太郎が館山から帰ってくる。館山には姫太郎の許婚がいて、近々祝言を挙げるという。原作にはそういう設定はない。原作より姫太郎がより堅気に近づいているだけに、この後の展開が腹立たしい。
姫太郎は物騒な話を聞き込んでくる。雑穀問屋の「杉田屋」が襲われたというのだ。夫婦と娘二人が殺されたというのである。

「杉田屋……そこまで来やがったか……。」
いつもは柔和な表情を見せている清兵衛が、厳しい顔つきで呟く。その曰くありげな様子に、紋次郎は反応する。このときの紋次郎の表情は、引き締まっていて、渡世人としての勘が働いている。

この後、杉田屋が襲われるシーン。障子に血しぶきが飛び散ったり、女が陵辱されたりで、あまりいい気持ちのものではない。襲っているのは、旅姿の渡世人たち。六右衛門一家の輩である。杉田屋の女房が大きく口を開けて叫んでいるアップ……残念ながら、金歯が見える(笑)。時代劇でのキャスティングは、口の中までチェックしておくべきであろう。

第26話「 お百度に心で詫びた紋次郎」(後編)

なぜ、雑穀問屋の杉田屋が六右衛門たちに襲われ、清兵衛はまるで予見していたかのような素振りなのか……。
土地の者の仕業ではないだろう……と言う紋次郎に同意した清兵衛は、固い表情のまま話を続ける。
「お久の婿も馬鹿な奴です。度胸も腕もない半端者が『熊川の勘八』などと名乗っていて……。」

「勘八」……紋次郎は驚きの表情を見せる。
定吉と間違われて斬りつけられ、やむを得ず応戦した相手が確かに「熊川の勘八」と名乗っていた。紋次郎は、世話になっている清兵衛の娘婿を殺してしまったのである。
サスペンスドラマだと、ここで衝撃の効果音が入るところである(笑)。

ああ!しかしなぜ、テレビ版はここで最大のドンデン返しを持ってくるのだろうか。原作ではこの皮肉な因果を、ラストシーンで明らかにしているというのに……。
紋次郎は抗えない運命を聞かされたというのに、この後、川で桶を洗うお久に呼び止められて会話をしている。それもお久は、亭主のことを「今頃どこを歩いているんだろう。」などと喋っているのだ。
普通なら、清兵衛から話を聞いた途端、草鞋を履いて出立するのが筋だろう。おかしい。どう考えても紋次郎のアイデンティティーから外れている。

紋次郎は仕事をするためお久と別れ、浜で待つ姫太郎の元に向かう。しかしそこには、血にまみれて倒れる姫太郎の姿があった。
「長脇差を……七人……旦那さまが……」
とうとう六右衛門一家が那古にやって来た。六右衛門が那古に刺客を放った理由が、テレビ版と原作では違う。
テレビ版では、大前田栄五郎の命を受けて、裏切り者を消すために、足を洗った清兵衛を狙って来た。杉田屋も元は渡世人だったので、血祭りに上げられたという設定である。したがって、紋次郎には直接関わりがないことになる。

しかし原作では、六右衛門の子分と客人を殺した意趣返しのため、執念深く紋次郎を追ってきたという設定である。それにしても、かなり遅れて来たものである。
そこで疑問に思うのだが、一家を預かる親分が、子分や客人のために意趣返しをするものなのだろうか。親分の仇を取るために、子分が意趣返しをするということはありそうだが……。それとも、客人が殺されたということが面子に関わる重大なことなのだろうか。
原作の理由となると、紋次郎が災いを引き寄せたことになる。言い替えれば、紋次郎さえ来なければ……ということになるが、これは紋次郎にとっては辛いことである。

紋次郎は清兵衛の身に危険が迫っていることを察知して、野良着姿で屋敷まで疾走する。部屋に入るやいなや野良着を脱ぎ捨て、お久が洗ってたたんでくれた着物を手早く身に纏う。もう少し時間があれば、「地蔵峠……」のときのような、流れるような無駄のない身支度シーンを見られたのだが……すぐに場面が切り替わってしまい、残念。
着物と一緒に三度笠と長脇差も道中合羽もきちんと揃えられている。
やはり再び、この姿にならざるを得ない状態になる。しかし、ファンは嬉しい。「待ってました、紋次郎!」である。

清兵衛は浜にいた。
「許さねえ。てめえたちがここへ来ることは、許さねえぞ。」
「死んでもらうぜ!」
「逃げることはできねえんで!」
原作では、六右衛門の十人衆が清兵衛に襲いかかるが、テレビ版では七人。あと三人分のギャラが出せなかったのか(笑)。

海は荒れ狂い、空は低く暗雲がたれ込めている。冬の海の、陰鬱な雰囲気である。
さすがに「那古の清兵衛」として名を馳せただけあり、大勢に長脇差を向けられても気骨ある風格の清兵衛である。
しかし多勢に無勢……清兵衛は連中に、斬られてしまう。清兵衛役の水島さんの演技は凄みがある。斬られた後でも倒れずに、敵をキッと見据え体制を立て直す。しかし何度か斬られたり刺されたりして、とうとう砂浜に倒れる。吹きすさぶ海風は、木枯しのように聞こえる。そこへ紋次郎が白波を蹴散らして疾走してくる。

「来やがったな。」
「待っていたんで!」
テレビ版は清兵衛だけが標的かと思っていたが、ここで紋次郎の存在も敵は知っていたということがわかる。

冬場のロケである。画面をよく見ると白いものがチラチラ見える。みぞれか、雪であろう。極寒の中の海辺の殺陣。想像しただけでも背筋がゾクゾクする。
ここでテレビ版は、清兵衛の遺言とも言えるセリフが用意されている。
「紋次郎さん、あたしゃねぇ、畳の上で死のうと決心したんだが、所詮ヤクザはヤクザ。こうなるんですねえ……。」
この言葉で、紋次郎にスイッチが入った。最後の殺陣である。BGMには主題歌の一番が流れる。
一度ヤクザの世界に身を置いた者は、畳の上では死ねない……ということである。このあたりは、「水神祭……」の「人斬り伝蔵」こと、茂左衛門の最期にも通ずるものがある。

第26話「 お百度に心で詫びた紋次郎」(後編)

原作での紋次郎の怒りは、恐ろしいほどである。

「紋次郎は怒った。
紋次郎は、清兵衛のそばを離れた。いま、紋次郎は殺意を抱いていた。これまでは常に、わが身を守るために相手を斬った。みずからを生かすために、防ぐ者を殺した。だが、いまは違う。
紋次郎は、殺してやると思った。
殺すことが、目的であった。殺せば、いいのである。逃げる者も、追いかける。命乞いをされようと、耳は貸さない。何が何でも、殺してやる。ひとり残らず、殺してやる。みな殺しである。」
(原作より抜粋)

こんなに明確な殺意を抱いた紋次郎は、「川留めの……」以来かもしれない。
「これほど怒ったのは、生まれて初めてかもしれない。紋次郎は、自分が恐ろしくさえあった。」(「川留めの水は濁った」より抜粋)

紋次郎の怒りは、激しく爆発していた。十人全員が名乗りを上げる。紋次郎は黙って、名前と顔を確認している。心は怒りで頂点に達していただろうが、頭は冷静である。そのことが、余計に空恐ろしい。

志津三郎兼氏の名刀がうなりを上げる。天下の業物が、殺意を持った紋次郎の手にあるのである。「鬼に金棒」ではないが、いまの紋次郎には十人など恐るるに足らない。原作では、何人かの首が飛ぶが、さすがにテレビ版は抑えてある。

敵と対峙して、紋次郎はくわえていた楊枝を投げ捨てる。良かった、いつもの紋次郎に戻っている。合羽を翻し、敵に向かって走る紋次郎。波打ち際での殺陣である。風が強く波が高い。
映像がスローモーションに変わる。冷たい水しぶきが飛び散り、映像効果を上げる。冬に海辺の殺陣は、普通、遠慮したいものである。しかし敢行するところに、最終回作品への愛情とプライドを感じる。
たかじんさんが歌う「焼けた道」がBGM、打ち寄せる波の音や吹きすさぶ風の音が荒涼感を演出している。空が暗く、白波が背景となり、紋次郎や敵のシルエットが際立つ。コントラストがあって、なかなか良かった。しかし、全身ずぶ濡れで寒かっただろうなあ、とご苦労を思う。

全員を斃した後、紋次郎は清兵衛の亡骸に跪いて瞠目する。
例の神社では、何も知らずにお百度参りをするお久の姿が見える。
原作では心の中で「勘八さんは、もう戻っちゃあ参りやせんよ。お久さん、許してやっておくんなさい」と紋次郎は詫びている。
テレビ版では、チラリとお久を遠くから見上げ、ゆっくりと背を向けて歩いて行く。
浜にはお弓がいて「おいちゃん、もうどこにも行かないって言ったじゃないか。」と、紋次郎に言葉を投げかけるが、紋次郎は無言で去っていく。その背中にお弓の声が響く。
「おいちゃーん!」

「シェーン!カムバック!」状態である(笑)。全紋次郎シリーズの最後、紋次郎を見送ったのは、なんと、年端もいかない幼子だった。
エンディングの芥川さんのナレーションは原作と同じである。
「この後の木枯し紋次郎の足どりは定かでない。天保十一年の房州と上総のあらゆる記録を調べても、木枯し紋次郎らしき渡世人の行動については、まったく触れられていない。」
最終回にふさわしいナレーションである。

また、紋次郎は旅を続ける。厳密に言えば、続けざるを得なくなる。原作では敵を皆殺しにした後、清兵衛から衝撃的な事実を聞かされる。お久が帰りを待ち続けた亭主、勘八を、自分が殺してしまった皮肉な運命を知ることになる。「因果は巡る」とは、よくいったものだ。足を洗う最大のチャンスを、自らの手で断ち切ってしまった。しかし、叶わぬ願いであることを知らず、お百度をふむお久への悔恨のほうが大きい。

那古で過ごした平和な生活は、結局儚い夢であった。紋次郎はまた、孤独な旅路に戻る。それが宿命なのだ。
この後、テレビ版での紋次郎の足どりも定かではなく、再び帰って来たときは、テレビではなく映画であり、紋次郎自身も壮年期を過ぎていた。
帯ドラマとしての紋次郎は、この回が最後となる。
1978年の3月29日の最終回を、35年後の今日、こうして記事にして締めくくるとは思いもよらなかった。

皆様、長い間おつき合いくだすってありがとうござんした。

御免なすって……。

トラックバックURL

http://kogarashi1940.blog10.fc2.com/tb.php/241-dd8d6922

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

お疲れ様でした♪

長丁場を御苦労様でした。

先ずは、紋カフェにて一休みして下さい。

帰って来た木枯らし紋次郎シリーズの道中記も観たいですね。

では、又♪

Re: 第26話「 お百度に心で詫びた紋次郎」(後編)

ぶんぶんさま、コメントをいただきありがとうございます。

紋cafeへのご来店、お待ちしています。
(まずは開店しなくちゃね)

これからも、宜しくお願いします。

  • 20130330
  • お夕 ♦wikz35BA
  • URL
  • 編集 ]
Re: 第26話「 お百度に心で詫びた紋次郎」(後編)

お夕さん、お邪魔します。

長い道中「お疲れでござんした。」お夕さんの粘り強い「紋次郎道」に「終わり」という文字は無いのでしょうが、一区切りついたのではないでしょうか。ご苦労様でした。

再放送やDVDの発売で、明日また新たに誕生するであろう紋次郎ファンの心の拠り所に必ずなる筈です。

思い起こせば2006年12月34年ぶりに紋次郎の再放送に出会い、紋次郎の情報を求めてネットを彷徨い迷子になりそうな時、逗子王様さんのHPや花風鈴さんのブログに辿り着いた時の感激・喜びを今でも思い出します。

蛇足ですが、ナレの「定かではない」は「信長のシェフ」5話で、お市の方にハンバーグを教えたという話の最後に、あの来宮良子さんの重厚なナレで「お市の方が・・・定かではない・・・」とパクられてました。

「紋次郎気質」今後の展開に期待します。

最近は信長関連の歴史本・小説を読んでますが、その前に立ちはだかる敵は織田家家系図。親類縁者子々孫々までに信〇、〇秀の名前のオンパレードに理解し先に進むのに難渋しています(笑)

  • 20130401
  • おみつ ♦suWcSb.M
  • URL
  • 編集 ]
Re: 第26話「 お百度に心で詫びた紋次郎」(後編)

おお、お夕さん、さっき、お夕さんのブログに書き込んだばかりでした。もしかしたら奇跡の同時刻かもしれませんね。お夕さんと私は何かの縁で結ばれてるのかもしれないと確信しました(笑) 男性でなくておばさんで申し訳ない事ですが。

いや、もう「信長のシェフ」のミッチー信長に惹かれるのは、時代劇での姿勢の良さの凛々しさや、ふとした表情に紋次郎の影を見るからだと思います。

4話の「金ヶ崎の退け口」の撤退の道行きで、ミッチー信長が牛小屋で藁の上に横たわるシーン、あれは「月夜に吼えた遠州路」で紋次郎が水車小屋で横たわっていたポーズ・表情と同じでした。これは記事にしようと思ってた事です。

お夕さんの「紋次郎道」に敬意を表します。又お越しください。

  • 20130402
  • おみつ ♦suWcSb.M
  • URL
  • 編集 ]
Re: 第26話「 お百度に心で詫びた紋次郎」(後編)

おみつさま、コメントをいただきありがとうございます。

おみつさんと、周波数が同じなんでしょうか。
光栄です。

紋次郎サンに関しては、音沙汰が全くない昨今……寂しいものです。
が……おみつさんはいろいろと、紋次郎を彷彿とさせるものを見つけられますね。
ダウジングでもされているのでしょうか?(笑)
また、他にも見つけられましたら、お教えくださいね。
これからも宜しくお願いします。

  • 20130402
  • お夕 ♦wikz35BA
  • URL
  • 編集 ]
Re: 第26話「 お百度に心で詫びた紋次郎」(後編)

お夕さん、お疲れ様でした。

やっぱり金歯、気付いておられましたね。
旧作「水車」の農夫のオバちゃんも入れてましたが、こちらは髷も結わず、普通のオバちゃんパーマ。
おそらく撮影地の人をエキストラに雇ったのでしょうが、今回は女優さん。
やっぱり時代劇に起用する際は、チェックが必要でしょうね。(笑)

原作のラストは、お弓に「おいちゃんの嘘つきー!」と罵倒されるもので、これを私は「やはり、紋次郎は紋次郎らしく有ってくれた」と気に入ってるのですが、テレビでこれをやると後味の悪い終わり方になるので、変更したんでしょうね。


「新」を総括してですが。
私は、この紋カフェに初めて草鞋を脱がせて頂いた時の自己紹介で書いたとおり、1977年当時、「新」が始まると聞いて心待ちにしたものの、「これは私の中の紋次郎を壊してしまう」と、数回で見るのをやめました。
そして、何度再放送されても、録画すらしませんでした。
が、お夕さんの存在をおみつさんから教えてもらい、それを機に時代劇専門チャンネルから全話録画して、ブログに合わせて鑑賞することにしたのです。

結果、「音楽の違いは目をつぶり、どこはスキップすればよいか事前に知ってさえすれば、旧作原理主義の人間でも楽しむことができる。また、何作かは旧作を上回る自然描写のものもある」という感想でした。
とくに、原作小説では、私的には紋次郎シリーズ最大の失敗作として、作者に厳重抗議したい「紋日」を、池広監督が立派に修復し、重厚な佳作となっていたことが嬉しかったです。

お夕さんの水先案内無しで見たら、幾つかの作品ではまた頭から湯気を出していたところでしょう。(笑)
すべて、お夕さんが、私が見てキレそうな箇所を事前に告知してくださったおかげです。

あらためてお夕さん、ならびに紹介してくださったおみつさんにお礼を述べたいです。
お夕さん、おみつさん、本当に有難うございました。

  • 20130402
  • TOKI ♦nhNJg39g
  • URL
  • 編集 ]
Re: 第26話「 お百度に心で詫びた紋次郎」(後編)

TOKIさま、コメントをいただきありがとうございます。

身に余るお言葉、畏れ入りやす。
ブログを始めた頃は、手めぇの力のなさに、この落とし前はどうつけりゃいいのかとずっと思っておりやした。
途中で音を上げるってぇのも、「紋次郎気質」という看板を上げている手前、ぶざまな真似になるし……と思っておりやした。
しかしながらここまで続けられたのは、TOKIさんをはじめみなさまのおかげと、ありがたく思っておりやす。

草鞋を脱いでくだすったお客人のあたたけぇお言葉や、助っ人に来てくだすった親分衆、姐さん方のご厚情は、うれしゅうござんした。
紋次郎兄貴の魅力は、まだまだ言い尽くせねぇものがござんすので、これからもいろいろと教えていただきとう存知やす。

今後ともよろしゅうお頼申しやす。

また、この場をお借りいたしやして、おみつ姐さんにも御礼申し上げやす。

  • 20130402
  • お夕 ♦wikz35BA
  • URL
  • 編集 ]
Re: 第26話「 お百度に心で詫びた紋次郎」(後編)

4年間、お疲れさんにござんした。

全64話を網羅したこの作品は、紋次郎界で類を見ねえ大作かと思いやす。
出版(当然ながら写真も含めて)するってえのは無理でござんしょうか。
内容はこのブログに載っているままでも、お夕さんが直してえとこは直しても、どちらでもいいんじゃねえかと思いやす。
今でも、お夕さんのブログを見ているお方は大勢いらっしゃいやす。
ですが、全国規模で出版した場合に比べたら、ほんの僅かな比率じゃねえかと。
出版となると、もちろんそれなりの手間と費用がかかることになりやしょう。
それにしても、この大作をこのサイトの中だけに閉じ込めておくというのは、何とも勿体ねえ気がしてならねえんで。

今すぐに、ってんじゃあなくて良うござんす。
他にも、「ああしたら」「こうしたら」の提案が多数あるようでござんすし…。
何かの機会に、例えば出版関係の方と知り合った際とかに、思い出して頂きてえと思っておりやす。

Re: 第26話「 お百度に心で詫びた紋次郎」(後編)

伊之助さま、コメントをいただきありがとうござんす。

また、過分なるお言葉を頂戴いたしやして、厚く御礼申し上げやす。

「出版?!」
想像だにしねぇ展開でござんす。

しがねぇあっしのブログに、足を運んでくださるお方がおられるというだけで、この上ねぇ喜びでござんす。
出版なんて、とてもとても……元来の無精と懐具合の悪さ、それ以上に内容が伴いやせんので……。

多分これから先も、出版関係者と盃を交わすこともねぇと思いやす(笑)。

しかしながら、伊之助親分のご提案は、心の底から嬉しく思っておりやす。
仮想世界で装丁でも考え、妄想を楽しませていただきやす。その折には是非とも、伊之助親分に帯の口上をお願いいたしやす(笑)。

  • 20130607
  • お夕 ♦wikz35BA
  • URL
  • 編集 ]
Re: 第26話「 お百度に心で詫びた紋次郎」(後編)

「出版」を想像だにしなかったとは…。
お夕さんというお方は、なんと謙虚なお方なんでござんしょうか。
それに、出版関係者と盃を交わすこともねえ、と決め付けておいでですが、そんなこたぁねえでしょう。
人生の邂逅なんてもんは、はかり知れねえと思いやせんか。

元来の無精? 無精でこのブログを何年も続けられやすかい?
お夕さんの懐具合はあっしには分かりやせんが、
内容が伴わねえなんてこたぁ金輪際ござんせん。

ま、あっしがどんなに望んだところで、お夕さんご自身が乗り気じゃねえってこたぁ、すぐには実現しねえかも知れやせんが、逆にいつの日か、巡り合わせで機会に恵まれるかもしれやせん。
そのときは喜んで帯の口上を担当させて頂きやす。

Re: 第26話「 お百度に心で詫びた紋次郎」(後編)

伊之助さま、コメントをいただきありがとうござんす。

仰るとおり、人生の邂逅は予測不可能。
「縁は異なもの味なもの」とも申しやすから、もしかしたらどこかでご縁があるかもしれやせんね。

ここに草鞋を脱がれる方とも、どこかでご縁があるかもしれやせん……そういうときは「あっしには関わりのねぇ……」とは言わず(笑)、おつき合いをいただきとう存知やす。

帯の口上、お引き受けくだすってありがとうござんす。
その折になりやしたら、宜しくお願いいたしやす。

  • 20130608
  • お夕 ♦wikz35BA
  • URL
  • 編集 ]
コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/