紋次郎気質

1972年、一世を風靡した中村敦夫演じる木枯し紋次郎。笹沢氏が生み出した紋次郎とを比較しながら、紋次郎の魅力に迫ります。

Articles

“紋cafe”でいっぷく「紫に染まる」

“紋cafe”でいっぷく「紫に染まる」

“紋cafe”でいっぷく「紫に染まる」
先日、県内で「藤の名所」といわれる神社に行ってきました。

藤といえば美しい藤色……淡い紫色が思い浮かびます。元来、青や紫の花が好きなので、思い立ったら無性に見たくなった訳です。お天気も良く、琵琶湖沿いを快適に走ります。

“紋cafe”でいっぷく「紫に染まる」

行く道すがら、濃い紫のラインが続くのが見えました。「菖蒲(あやめ)」です。地域の方がボランティアで植えられたようで、今を盛りに咲いています。

“紋cafe”でいっぷく「紫に染まる」

菖蒲の色もいいですねぇ。キリッと引き締まっていて潔くて、気品のある色です。

紫系統の日本色の名前は、花の色を例えにして付けられているものが多いようです。
桔梗色・紫苑色・藤色・竜胆色・菫色・菖蒲色など、いずれも花がその色の名の由来です。一つずつにそれぞれ趣のある名前が付けられているあたり、日本人の感性の豊かさを感じます。

“紋cafe”でいっぷく「紫に染まる」

さて野に咲く菖蒲を見下ろした後は、長い房が幾重にも続く藤の花を見上げます。

“紋cafe”でいっぷく「紫に染まる」

見事な様はまるで紫のシャワー。周囲の空気が紫色に染まっているように思えます。藤棚の下に佇むと、我が身も紫に染まりそうです。
樹齢400年と伝えられる藤の幹や蔓はたくましく、たおやかな藤の花房と相まって、芸術的な美しさです。

“紋cafe”でいっぷく「紫に染まる」

房全体の美しさもさることながら、一つずつの花のつくりも愛らしく、その形状から、「ああ、マメ科の花だったんだ。」と改めて思います。

“紋cafe”でいっぷく「紫に染まる」

珍しくピンクの藤の花もあり、まるでかわいらしい舞妓さんのような装いです。

近づく人間には目もくれず、クマバチがせわしなく花から花を訪ねていました。クマバチにはこの藤の花がどのように見えているのかしら、と思いましたが、多分「花より蜜」なんでしょうね。

“紋cafe”でいっぷく「紫に染まる」

かく言う私も、境内で売っている「草餅」が気になって仕方がなかったんですが(笑)……。

トラックバックURL

http://kogarashi1940.blog10.fc2.com/tb.php/246-119bf736

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

Re: “紋cafe”でいっぷく「紫に染まる」

写真、綺麗ですね。

奈良の、駅名にもなってる「菖蒲池」では、今の時期、黄色い花が咲きます。
さすが、あやめ池というだけのことはある…と思ったら、後日ネットで「水辺で咲いているのは杜若か花菖蒲。あやめではない。」と書かれているのを読みました。
なんでこんな地名になったんでしょう。

笹沢左保股旅小説で、私が一番好きなラストは、主人公が息を引き取る間際に青紫色の花を見るあれです。

  • 20130525
  • TOKI ♦nhNJg39g
  • URL
  • 編集 ]
Re: “紋cafe”でいっぷく「紫に染まる」

TOKIさま、コメントをいただきありがとうございます。

「いずれが菖蒲か杜若」と言われるほど、似ていますよね。
そこに花菖蒲が参戦すると、もう何がなんだか(笑)。

「あやめ池遊園地」は、子どもの頃行ったことがあります。
奈良には、「ドリームランド」もありましたよね。
どちらも、今は懐かしい想い出です。

新三郎が見た桔梗の花……。
印象的なラストでしたね。
桔梗とお染とを、重ね合わせていたのでしょうか。

  • 20130525
  • お夕 ♦wikz35BA
  • URL
  • 編集 ]
Re: “紋cafe”でいっぷく「紫に染まる」

藤棚の紫のグラデーション、すごいきれいですね。
奈良では、春日大社が有名ですが、今年は行きそびれてしまいました。例年より早かったみたいです。
でも、こちらで見ることができ、うれしいです。
藤はほんとに日本らしい花ですね。

  • 20130525
  • てのりぱんだ ♦C/Rcg83E
  • URL
  • 編集 ]
Re: “紋cafe”でいっぷく「紫に染まる」

ぱんださま、コメントをいただきありがとうございます。

藤の花の咲き具合は、年によって違うようで、例年ならもう少し房が長いと聞きました。
短い花の見頃のために、手間暇かけてお世話をされるんですね。
美しいものを目にすると、人は自然に顔がほころびます。
穏やかな空気が、そこには流れていました。

  • 20130525
  • お夕 ♦wikz35BA
  • URL
  • 編集 ]
Re: “紋cafe”でいっぷく「紫に染まる」

わぁ~~きれい!、

ご無沙汰しております、
まずは紋Cafeで一服させていただきぃ~、笑

家にも藤の花が咲いていて、ブロ友さんから
おしえていただいた天ぷらにして食べましたのよっ、 美味い!、

でもこちらの写真の藤の花はあまりにも見事で美しいので食べるなどバチがあたりそうねぇ~・・・

  • 20130607
  • 淡青 ♦pDmV/urE
  • URL
  • 編集 ]
Re: “紋cafe”でいっぷく「紫に染まる」

淡青さま、コメントをいただきありがとうございます。

へぇ!藤の花の天ぷらですか?
おいしそうですね。
ほんのり、甘い味わいなんでしょうか。

私は大坂の箕面で、「紅葉の天ぷら」を食べたことがありますが、ほとんどお菓子の味わいでした。

  • 20130608
  • お夕 ♦wikz35BA
  • URL
  • 編集 ]
コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/