紋次郎気質

1972年、一世を風靡した中村敦夫演じる木枯し紋次郎。笹沢氏が生み出した紋次郎とを比較しながら、紋次郎の魅力に迫ります。

Articles

“紋cafe”でいっぷく 「『はだしのゲン』の原画展」

“紋cafe”でいっぷく 「『はだしのゲン』の原画展」

“紋cafe”でいっぷく 「『はだしのゲン』の原画展」
先日、2回目の広島平和記念資料館に行ってきました。今回は「はだしのゲン」の原画展が開かれていました。
「はだしのゲン」については、最近、何かと取り沙汰されていますね。

私は原画を初めて目にするので、少し緊張しながら原画の前に立ちました。
何人かの子ども達も、原画に見入っていました。どの顔も神妙な表情です。
しんとした室内の隅では、作者の中沢啓治さんが出演されている映像が流れていました。その前にも親子の姿がありました。

みんな真摯な気持ちで会場に訪れています。
そして、戦争の悲惨さ、原爆の恐ろしさを、その原画からひしひしと感じています。
訴える力が強いほど、人は言葉を失います。この会場の静けさは、まさにそんな状態でした。

私は「はだしのゲン」は、誰もが一度は読まなければならないものだと思います。もちろん、世界中の人々がです。

私は幸いにも、戦争の悲惨さを体験していません。ですからあくまでも、イメージでしか感じとれません。
人間の愚かさや残酷さと、面と向かい合うのは辛いことですし、目を背けたくなるのはわかります。
しかし、人間がしてきたことは人間が見届けなければならないし、その覚悟が必要です。
過ちを過ちと認め、愚かさを愚かさと感じることが出来るのは、人間だけです。
だから、「はだしのゲン」は必要なんだと思います。

日本は、戦争における唯一の被爆国です。
被爆国である日本がなぜ、この「はだしのゲン」から目を背けようとするのでしょう。

中沢さんは原爆の悲惨さを圧倒的な画力で訴えました。
でも私は、たくましく生き抜くゲンを通して「生命力」と「希望」も感じました。
決して、「残酷さ」だけではありません。

子どもの時に読んだ作品の真価は、大人になってわかるということもあります。
作者の中沢さんは、空の上でどう思っておられるのでしょうか?

トラックバックURL

http://kogarashi1940.blog10.fc2.com/tb.php/258-32be0c58

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

Re: “紋cafe”でいっぷく 「『はだしのゲン』の原画展」

広島平和記念資料館、私は30年近く前に初めて行きました。
戦争の悲惨さを綴った文章を100回読んだ以上の衝撃でした。
感想は、言葉足らずの私が言うと、月並みなものばかりになるので割愛しますが、以降、私は占いの類いを全く信じなくなりました。
「姓名判断?占星術?『今年は運の向く年』だぁ?そんなもん、関係ないじゃないか。ここに展示されてる悲惨な事実は、全部人間のやったことだぞ。これでも人間の運命は最初から決まってるって言うのか。」と。

私は古くからフォルクローレファンでもあるのですが、紹介したい音楽があるのです。
アルゼンチンのヒナマリア・イダルゴという女性歌手が歌う「ヒロシマの鳥の声」。
原爆投下の惨状を、鳥たちの会話を模して歌い上げたものです。
彼女はコンサートでは必ずこの歌を歌い、アルゼンチンでは多くの人が知っているというのに、日本では廃盤になって40年近く経ちます。
http://www.youtube.com/watch?v=wTQpaFfxjs8


話は変わりますが、CS放送 チャンネルNECOで映画「無宿人 御子神の丈吉」シリーズが放映されます。
「川風に過去は流れた」が9月の7.10.18.23日
「牙は引き裂いた」が9月の7.12.17.23日
「黄昏に閃光が飛んだ」が9月の8.11.19.23日
です。

  • 20130826
  • TOKI ♦nhNJg39g
  • URL
  • 編集 ]
Re: “紋cafe”でいっぷく 「『はだしのゲン』の原画展」

TOKIさま、コメントをいただきありがとうございます。

「はだしのゲン」の閲覧制限が撤回されましたね。教育長のあるべき姿ではなかったですね。その後のコメントにもガッカリしました。

紹介していただいた歌を聴きました。歌詞の内容はわからないのですが、鬼気迫る雰囲気が伝わってきます。圧巻の歌唱力ですね。
教えていただいてありがとうございました。

「御子神の……」情報ありがとうございます。
以前、何作か録画した覚えがあるんですが、未見です。TOKIさんは、ご覧になったことがありますか?

  • 20130827
  • お夕 ♦wikz35BA
  • URL
  • 編集 ]
Re: “紋cafe”でいっぷく 「『はだしのゲン』の原画展」

この歌詞は「どこ!どこに居るの!人は。 見て!灰の嵐。 巣が作れない!」といった内容です。(と思う)

紋次郎撮影地の数々を特定してくれた、地理研究家の友人に教えて頂いたのですが、こんな漫画もあるのです。
「はだしのゲン」の他に、この本も学校に置いて子供達に読んで頂きたいですね。
http://www.ebookjapan.jp/ebj/title/8900.html?dealerid=103

「御子神の丈吉」は未見なので楽しみです。
もっとも、予告編で、渡世人姿の敦夫さんが「丈吉さんに恨みはねえが 一宿一飯の義理でお相手いたしやす」というシーンを見ているので、自分の中の紋次郎像にヒビが入らないかと不安なのですが、大丈夫でしょうか。

  • 20130828
  • TOKI ♦nhNJg39g
  • URL
  • 編集 ]
Re: “紋cafe”でいっぷく 「『はだしのゲン』の原画展」

TOKIさま、コメントをいただきありがとうございます。

歌詞の内容を、お教え下さってありがとうございます。

戦争の悲惨さや愚かしさを訴え、伝え、広める手段として、様々な表現があると思いますが、受け取る側にどれだけ想像力あるか……という問題もあるように思います。
青少年の感性や想像力が、もっと豊かになれば……人の哀しみや苦しみに共感できれば……世の中も変わっていくのではないかと思います。

しかし、大人がこの体たらくですからねぇ。えらそうなことが言えません。

丈吉さんの件ですが、録画が一作見つかって先ほど見ました。
「川風に……」なんですが、これは2作目のようです。1作目と2作目は「宮川一夫さん」が撮影なので、紋次郎ワールドを彷彿とさせる映像があるかと思います。

原田芳雄ファン目線でいくと、高得点だと思いますが、総体的には……。
いやいや多くは語らないでおきましょう。

敦夫さん演じる隻眼の渡世人、「疾風の伊三郎」。なんかどっかで聞いたような……そうそう「北風の伊三郎」とダブります(笑)。

TOKIさんの、紋次郎愛に満ちたガラスのハートが、粉々になることはないと思います……否、思いたいです。

原田芳雄ファンに贈る「娯楽時代劇」として、ご覧くだせぇ。

  • 20130829
  • お夕 ♦wikz35BA
  • URL
  • 編集 ]
Re: “紋cafe”でいっぷく 「『はだしのゲン』の原画展」

今晩は、お夕さん、お久しぶりでございます。

ー人間がしたことは、人間が見届けなければならないし、その覚悟が必要ですー

まさにその通りです!、
これは今進行中の福島原発事故にもいえることですよねっ、

こちらに寄ってすぐに紋Cafeで一服してる怠け者ですが(笑)
これから遡って記事を記事を読ませていただきますぅ〜


  • 20130831
  • 淡青 ♦pDmV/urE
  • URL
  • 編集 ]
Re: “紋cafe”でいっぷく 「『はだしのゲン』の原画展」

淡青さま、コメントをいただきありがとうございます。

先日、日本の外務大臣として、初めて岸田外務大臣がチェルノブイリを視察しましたね。
ニュースを見て「え~?!初めて?今頃行って、何してたんよ~!」と突っ込みを入れていました。

敦夫さんは、随分以前に行かれたのに……。

対応の遅さ、危機意識の低さに呆れております。

今後の動きを注視したいです。

  • 20130831
  • お夕 ♦wikz35BA
  • URL
  • 編集 ]
Re: “紋cafe”でいっぷく 「『はだしのゲン』の原画展」

「エログロ」という言葉は現在では死語でしょうが,「グロ」とあの漫画が同じ次元で扱われたのでは,中沢さんは浮かばれないでしょう.

部分的な描写のリアリティに拘り,その描写がどんな主張の土台になっているかを見失ったり,無視するのはよくないですね.

話しは変わりますが,大戦中のニューギニアやフィリピンではもっと悲惨な出来事があったそうで,そのことを敢えて公にした当事者がいたことを,今回の騒動が思い出させてくれました.

  • 20130831
  • トラの父 ♦-
  • URL
  • 編集 ]
Re: “紋cafe”でいっぷく 「『はだしのゲン』の原画展」

上の,
「大戦中のニューギニアやフィリピンではもっと悲惨な出来事があったそうで」
は,
「大戦中のニューギニアやフィリピンでも悲惨な出来事があったそうで」
に訂正します.

悲惨さを比較しても意味がありませんし,第一災難に遭われた方々に不敬千万ですので,申し訳ありませんでした.

  • 20130831
  • トラの父 ♦-
  • URL
  • 編集 ]
Re: “紋cafe”でいっぷく 「『はだしのゲン』の原画展」

トラの父さま、コメントをいただきありがとうございます。

仰るとおり、戦争の悲惨さは比較できるものではありませんね。
気付かせていただいて、ありがとうございます。

今も地球上では争いが絶えず、苦しみや哀しみに涙する人々がいます。
争いからは、憎しみしか生まれません。

どんな兵器でも、最終、人に向けられるものです。
地球上から兵器や武器が消えることは、人類史上、一度もなかったんでしょうね。
無力感に襲われそうですが、諦めてはいけない命題だと思っています。



  • 20130901
  • お夕 ♦wikz35BA
  • URL
  • 編集 ]
コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/