紋次郎気質

1972年、一世を風靡した中村敦夫演じる木枯し紋次郎。笹沢氏が生み出した紋次郎とを比較しながら、紋次郎の魅力に迫ります。

Articles

“紋Cafe”でいっぷく「74回目の誕生日」

“紋Cafe”でいっぷく「74回目の誕生日」

“紋Cafe”でいっぷく「74回目の誕生日」
2月18日は、敦夫さんの74回目のお誕生日でした

ここ何年か、お誕生日には、ささやかなお祝いをお送りしています。
今年は去年に続き、地元有名店の和菓子を送らせていただきました。

18日に届くように頼んだのですが、おりしも日本列島は大雪状態……。
高速道路は立ち往生の車で埋まり、運送も大停滞……。
期日指定は無理です、と言われてしまいました。
ですから、もしかしたらお誕生日ピッタリに届かなかったかもしれません。
「お口に合ったかなあ。」と思っておりましたところ、すぐにお礼のハガキが送られてきました。
山頭火の句(月がのぼればふくらううたひはじめた)が書かれた絵ハガキに、自筆で短くお返事が書かれていました。
大感激です!

いつもながら、とても義理堅い方です。
今、敦夫さんは、山頭火の朗読劇をライフワークにされています。
残念ながら、関西ではまだ上演されていません。チャンスがあれば是非とも……と思っています。

益々のご健康と、ご活躍をお祈りしています。


宜しければランキングにご協力をお願いいたします

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
クリックで投票

トラックバックURL

http://kogarashi1940.blog10.fc2.com/tb.php/283-78f0195d

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

Re: “紋Cafe”でいっぷく「74回目の誕生日」

ファンの一人一人を大切にされる敦夫さんのお心遣い、嬉しいですねえ!
少年時代の私は、紋次郎のサインが欲しくてたまりませんでした。
が、気安くホイホイとサインをしてくれたら、なんか紋次郎と違うし、「名乗るほどのもんじゃ ござんせん」と断られても傷つくし、複雑なところでした。(笑)
お夕さんは放映当初から、敦夫さんを紋次郎から切り離して見ることが出来たんでしょうか。

梅の写真、綺麗ですね。
奈良市の梅の名所・月ヶ瀬も、チラホラと咲いております。
ここは山頭火も訪れて句を詠み、句碑が建てられております。
敦夫さんがいつかここに来てくれないかなあと思うのですが、ここの遊歩道では、地元産のコンニャクに山椒味噌をつけたものを売るお店が立ち並んでおります。
敦夫さんがそれを食べてるのを見たら、私の中の紋次郎がまた壊れてしまいます。(笑)

  • 20140310
  • TOKI ♦nhNJg39g
  • URL
  • 編集 ]
Re: “紋Cafe”でいっぷく「74回目の誕生日」

今晩は、お夕さん、
お久しぶりでございます。

紋次郎さんとの交流素敵ですねっ、
74歳におなりとは、そして山頭火の朗読をされてるとは
中村敦夫さんはこれからもいいお歳をとっていかれるような気がします。

お夕さんも淡青も素敵な先達の後に続きましょうねっ!






  • 20140310
  • 淡青 ♦pDmV/urE
  • URL
  • 編集 ]
Re: “紋Cafe”でいっぷく「74回目の誕生日」

今晩は、お夕さん、
お久しぶりでございます。

紋次郎さんとの交流素敵ですねっ、
74歳におなりとは、そして山頭火の朗読をされてるとは
中村敦夫さんはこれからもいいお歳をとっていかれるような気がします。

お夕さんも淡青も素敵な先達の後に続きましょうねっ!




  • 20140310
  • 淡青 ♦pDmV/urE
  • URL
  • 編集 ]
Re: “紋Cafe”でいっぷく「74回目の誕生日」

TOKIさま、コメントをいただきありがとうございます。

自筆でいただくお葉書は、本当に嬉しいものです。
敦夫さんが、私の名前や住所を書いてくださった……と考えただけで、もう有り難くて有り難くて……(笑)。
サラサラと、手慣れた万年筆の文字は、とてもステキです。

月ヶ瀬の梅は、見に行ったことがないのですが、美しいのでしょうね。梅は姿形が美しいだけでなく、香しさも魅力ですね。

コンニャクといえば、我が故郷のコンニャクは「錆朱色」をしています。「赤コンニャク」と呼ばれているのですが、全国的に見ても珍しいそうです。子どもの頃から、コンニャクは赤いものだと思っていましたので、普通のコンニャクを見て「変な色!」とびっくりしました。糸コンニャクも、もちろん赤くて、すき焼きに入れると見た目もきれいだし、味もいいですよ。

  • 20140310
  • お夕 ♦wikz35BA
  • URL
  • 編集 ]
Re: “紋Cafe”でいっぷく「74回目の誕生日」

淡青さまコメントをいただきありがとうございます。

俳優さんは定年がないですから、いつまでも若々しく現役でいられますね。

敦夫さんは、山頭火のことを紋次郎に似ていると評されたことがあります。
漂泊の俳人ですものね。共通点がたくさんありそうです。
山頭火を選ばれたのも、何となくわかるような気がします。

  • 20140310
  • お夕 ♦wikz35BA
  • URL
  • 編集 ]
Re: “紋Cafe”でいっぷく「74回目の誕生日」

群馬県の藪塚と言う所に「紋次郎村」が出来たばかりの頃、家族で行った事が有ります。

入場する際には古銭に両替して・・・

絵馬が掛かった所を見たら中村敦夫さんの絵馬が有って、(紋次郎の挿絵まで描かれてありました。)自分も直ぐ近くに掛けさせて頂いて写真を撮ってきたんです。

それが嬉しくて嬉しくて。

Re: “紋Cafe”でいっぷく「74回目の誕生日」

Nicoさま、コメントをいただきありがとうございます。

藪塚の三日月村テーマパークは、門前までは行きましたが、休園日だったので入れませんでした。
(拙ブログ記事はこちら)
http://kogarashi1940.blog10.fc2.com/blog-entry-135.html#more

絵馬があったんですか?ご本人の……。
敦夫さんはイラストもお上手で、著書の「渡世人気質」のイラストも描いておられました。
今もその絵馬は、あるんでしょうか。
少しでもお近づきになれれば、天にも昇る心地ですよね。

  • 20140522
  • お夕 ♦wikz35BA
  • URL
  • 編集 ]
Re: “紋Cafe”でいっぷく「74回目の誕生日」

youtubeも見させて頂きました。あのテーマ曲をバックに編集されていて、いいですねぇ~。

先ほど古いアルバムから、当時の写真を見つけました。
高尾に載せようかと思ったのですが、出来ませんでした。ごめんなさい。

Re: “紋Cafe”でいっぷく「74回目の誕生日」

Nicoさま、コメントをいただきありがとうございます。

様々なテーマパークがある中で、ここは本当に異色です。
秘かに、テレビ番組で特集してくれないかと、思っています(笑)。

  • 20140523
  • お夕 ♦wikz35BA
  • URL
  • 編集 ]
Re: “紋Cafe”でいっぷく「74回目の誕生日」

〉”高尾”に載せようかと思ったのですが・・・変換を間違えました。

〝ここに”・・・と書きたかったのですが、意味の分からない文章になってしまい申し訳ありません。

それにも関わらずコメントを頂き、恐縮です。

Re: “紋Cafe”でいっぷく「74回目の誕生日」

Nicoさま、コメントをいただきありがとうございます。

どうぞ、お気になさらないでください。
私もよく間違えて、ご指摘を頂戴しています。

また、気楽にコメントをしてくださいね。

  • 20140526
  • お夕 ♦wikz35BA
  • URL
  • 編集 ]
コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/