紋次郎気質

1972年、一世を風靡した中村敦夫演じる木枯し紋次郎。笹沢氏が生み出した紋次郎とを比較しながら、紋次郎の魅力に迫ります。

Articles

日々紋次郎「ブログ開設5周年」

日々紋次郎「ブログ開設5周年」

日々紋次郎「ブログ開設5周年」

2009年4月11日から始めた拙ブログも、5周年となりました。よくもまあ「紋次郎」だけのネタで、ここまで続けられたなあ、と我ながら思っています。
この5年間で、ご縁ができた方々、本当にありがとうございました。みなさんの温かい励ましで、ここまで続けることができました。
映像における紋次郎作品は全部終わり、関連した「股旅シリーズ」のレビューも、あと1話……「鬼首峠~」だけになりました。さてこの後、どこに足を向けようか……と思っていますが、紋次郎と同じく「風の吹くまま、気の向くまま」の放浪になりそうです。

先日、名脇役であった「蟹江敬三」氏がお亡くなりになりました。蟹江さんは紋次郎作品で、「六地蔵の影を斬る」「冥土の花嫁を討て」「二度と拝めぬ三日月」に出演されていました。作品に出演されていた方々がお亡くなりになることは、本当に寂しいことですし、それだけ年月が経ったんだなあ、と痛感します。謹んでご冥福をお祈りいたします。

さて、中村敦夫さんはお元気で、講演や朗読劇「山頭火物語」でご活躍中です。また、日本ペンクラブの環境委員長として、脱原発を訴えておられます。健康に留意され、益々のご活躍をお祈りします。

日々紋次郎「ブログ開設5周年」

健康に留意……といえば、先日私は初めて「食あたり」なるものに遭遇しました。もともと胃腸は丈夫な方でしたので、想定外でした。その原因は「牡蠣」。鳥羽でバケツ一杯の牡蠣を買って帰り、蒸して食したのですが、加熱が十分でなかったのか、翌日おなかに来ました。幸い、食べた量が少なかったので、酷い状態にはなりませんでしたが、脳裡に浮かんだのは「一里塚に風を断つ」での紋次郎。
紋次郎は旅籠で食べた川魚の酢漬けで食あたりになり、良庵に助けられます。私のもとには良庵さんがいないので(笑)「キャベジン」を服用してなんとか治しました。「牡蠣はおいしかったのになあ」と、残念です。
みなさんもお気をつけくださいね。

まだまだ駆け出し者のお夕でござんすが、今後ともよろしゅうお頼申し上げやす。御免なすって。


宜しければランキングにご協力をお願いいたします

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
クリックで投票

トラックバックURL

http://kogarashi1940.blog10.fc2.com/tb.php/287-3ac95949

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

五周年、おめでとうございます。

おめでとうございます♪
ほんと、大変だったと思います。
何せ情報量が半端でないですから。
益々のご発展をお祈りしております。

いつまでも続けて下さいね。

Re: 日々紋次郎「ブログ開設5周年」

ぶんぶんさま、コメントをいただきありがとうございます。
また、いつもお気遣いいただき、ありがとうございます。
気がつけば、5年……といった感じです。

これからも、細々とやっていきたいと思っております。宜しくお願いします。

  • 20140412
  • お夕 ♦wikz35BA
  • URL
  • 編集 ]
Re: 日々紋次郎「ブログ開設5周年」

5周年、おめでとうございます。
映像化作品レビューは終わりましたが、お夕さんが紋次郎を愛して暮らしていく限り、題材は尽きないでしょう。

食中毒、大変でしたね。
ご家族は大丈夫だったんでしょうか。
胃薬のキャベジンで治ったのでしたら、ノロウイルスじゃなかったのかもしれません。
(紋次郎さんも、同じく胃薬の反魂丹で食あたりが治ってましたね)

私も学生時代の下宿で、牡蠣で集団食中毒になって全員ダウンしたことがありました。
吐くものが無くなると、なぜか涙だけがボロボロ出てくるんですね、あれ。

  • 20140412
  • TOKI ♦nhNJg39g
  • URL
  • 編集 ]
Re: 日々紋次郎「ブログ開設5周年」

TOKIさま、コメントをいただきありがとうございます。

TOKIさんとご縁ができて、何年になりますでしょうか?
いろいろとお世話になりまして、ありがとうございます。

「牡蠣事件」で2日ほど食欲がなく、体重も減っただろうと期待したのですが、全く変化なく、ちょっとガッカリ(笑)でした。
TOKIさんもご経験がおありなんですね。ちょっとしばらくは、牡蠣を食べるには慎重になる必要がありそうです。

先日、例の柿畑に走る縦貫自動車道を利用しました。思い出の神社が見えました。随分便利にはなりましたが、これ以上の開発は寂しくなるなあ、と思いました。
山々は、色とりどりの春の装いでしたよ。

  • 20140413
  • お夕 ♦wikz35BA
  • URL
  • 編集 ]
Re: 日々紋次郎「ブログ開設5周年」

5周年 おめでとうございます。
これほどまでに充実した内容で続けて来られたことに尊敬の念を抱いている一人であります。

牡蠣はタイミングが悪いと体が受け付けなくなることもあるそうですので、次回はご用心なさったほうがよろしいかと存じます。

それでは、これからも多くの紋次郎ファンのために頑張って下さいませ。陰ながら応援いたしております。

  • 20140413
  • マイタ ♦B2BsuZNw
  • URL
  • 編集 ]
Re: 日々紋次郎「ブログ開設5周年」

マイタさま、コメントをいただきありがとうございます。

こんな偏狭なブログなのにおいでくださって、ありがとうございます。
マイタさんとは、私の好きな「カエル」つながりからご縁ができました。アマガエルが、体温計をはさんでいるお写真には笑わせていただきましたっけ。

新潟の桜はいかがでしたか?厳しい冬を越えた、桜の生命力にあやかりたいものです。花冷えの日もありますので、ご自愛のほどを……。

これからも宜しくお願いします。

  • 20140413
  • お夕 ♦wikz35BA
  • URL
  • 編集 ]
Re: 日々紋次郎「ブログ開設5周年」

5年もの間,密度の濃い情報を発信してこられたのですから,お夕さんと紋次郎のご縁もただならぬものなのですね.

先日,古本屋で『中山道を行く』の上下を手に入れました.文体というか,文章から伝わってくる雰囲気がドラマのそれとシンクロしているようで,市川監督の手腕に改めて驚きました.

お夕さんの事ですからもうご存じ(かつこちらでも公開済み)かもしれませんが,こんな記事があったのですね.
「中村敦夫が語る、“木枯し紋次郎の時代”とは」
http://www.webserai.jp/2009/09/post-0316.html

「監督(市川崑)も俳優もスタッフも、金儲けの為にやってたんじゃないんだ。良い物を作ろうと命がけだったよ」

この言葉は,あのドラマの完成度の高さとそのまま重なり合うようです.

  • 20140413
  • トラの父 ♦-
  • URL
  • 編集 ]
Re: 日々紋次郎「ブログ開設5周年」

トラの父さま、コメントをいただきありがとうございます。

映像と原作を知ると、どちらのクォリティーも高いことに驚かされます。
紋次郎の原作、心ゆくまで味わってくださいね。

記事のご紹介、ありがとうございます。
以前、読んだ記憶があるのですが、作品に込められた映像職人の心意気を再認識しました。中身の濃い時間を共有されたことは、俳優人生で大いにプラスになったことでしょうね。

また寅さんに、癒されに寄せていただきます。

  • 20140413
  • お夕 ♦wikz35BA
  • URL
  • 編集 ]
おめでとうございます!

お夕様

遅くなりましたが
5周年、おめでとうございます!

深まるばかりの紋次郎愛。素晴らしいです。
ずっと変わらない存在がいるって素晴らしいです!

牡蠣、ツラいですよね。。。
実は私も3年ほど前にやってしまいました。
家ではなく外出先だったのがまた哀しかったです(涙)

  • 20140414
  • ナラリーノ ♦SJMMuUIM
  • URL
  • 編集 ]
Re: 日々紋次郎「ブログ開設5周年」

ナラリーノさま、コメントをいただきありがとうございます。
ナラリーノさんの、軽妙な語り口が大好きです。また、楽しませてくださいね。

外出先での災難……大変でしたね。
私は、ザワザワするおなかをひたすら我慢しながら、職場の会議に出席していました。ホント、辛いものです……。
でも、また食べたくなるんでしょうね。喉元過ぎれば……でしょうが、気をつけたいと思います。

  • 20140414
  • お夕 ♦wikz35BA
  • URL
  • 編集 ]
Re: 日々紋次郎「ブログ開設5周年」

5周年ですか!小説を書いての5年は凄い大事業と感銘いたします。誠におめでとうございます。!
紋次郎さんが本当に好きなんですねー。ある意味、幸せなことと羨ましい感も致します。今後とも頑張って長い継続を期待いたしまして祝福に代えさせて頂きます。!

  • 20140423
  • 荒野鷹虎 ♦-
  • URL
  • 編集 ]
Re: 日々紋次郎「ブログ開設5周年」

鷹虎さま、コメントをいただきありがとうございます。

小説だなんて、おこがましいことでござんす。
手めぇが惚れ込んだものに、ウダウダとした拙文を書き連ねただけなんで、お恥ずかしい限りでござんす。

今後も宜しくおつき合いをいただければ、うれしく思いやす。

鷹虎の親分におかれやしても、十分ご自愛いただきやすように……。

御免なすって。

  • 20140423
  • お夕 ♦wikz35BA
  • URL
  • 編集 ]
Re: 日々紋次郎「ブログ開設5周年」

開設5周年
おめでとうございます
遅ればせながら、コメント入れさせて頂きます

本を読むなら・・・・・紋次郎
DVD観るなら・・・・・ 紋次郎
スマホのユーチューブ・紋次郎
暇さえあれば・・・・・紋次郎
もう、生活の一部です(笑)


しかし、お夕さんの写真はどれを見ても時代が付いてますね
すばらしい
御見それいたしやした
何かコツはあるんでござんすか?
   

  • 20140424
  • makkun4 ♦v8iNFFOw
  • URL
  • 編集 ]
Re: 日々紋次郎「ブログ開設5周年」

makkun4さま、コメントをいただきありがとうございます。

紋次郎まみれの日々を送っていらっしゃるようで、お慶び申し上げます(笑)。

最近の私は、少し紋ちゃんから距離を置いているかもしれません。
新年度はいつもバタバタしているもんで、落ち着いたらまた、紋次郎兄貴を追いかけるつもりです。

写真のご感想、ありがとうございます。コツといったものはございませんが、とりあえず、人物や現代の人工物はフレーム内に入れないようにしています。
それとやはり、念を込めていますねぇ……ここに紋次郎がいれば……といった独りよがりな念ですが(笑)。

またよければ、ご感想をお聞かせくださいね。

  • 20140425
  • お夕 ♦wikz35BA
  • URL
  • 編集 ]
Re: 日々紋次郎「ブログ開設5周年」

お夕さま。毎回、きれのいい文章とお写真を楽しみに拝見しております。それもはや5周年とのこと、すばらしいですね。これからも「あっしにかかわる旅」を続けて頂きたいと存じます。その5周年を記念してでしょう! BS-TBSで4月30日(水)午後6時から名作時代劇として「木枯し紋次郎」が始まります。第一回はもちろん「川留めの水は濁った」です。あらためて見たいと思っています。では良い旅をお続け頂きたく!

Re: 日々紋次郎「ブログ開設5周年」

いなささま、コメントをいただきありがとうございます。

また、「木枯し紋次郎」放映の件、情報をいただきありがとうございます。不覚にも全くのリサーチ不足でした。

ホント、嬉しいです。これを機に、若い方々にも紋次郎ファンが増えてくれることを期待したいです。
ということで、自称広報部長として(笑)広報活動をさせていただきます!
左メニューに掲載して、絶賛宣伝中!

  • 20140426
  • お夕 ♦wikz35BA
  • URL
  • 編集 ]
Re: 日々紋次郎「ブログ開設5周年」

トップに掲載のBS-TBSで、明日4月30日からの再放送には心打たれました

まさか、フジテレビの看板番組で、市川崑劇場の大ヒットシリーズのこのドラマを「打倒木枯らし紋次郎!」をうたい文句に「必殺シリーズ」を深作欣二監督で撮るという暴挙のテレビ局大戦争までしていた時代は・・・・いずこ??(笑)
TBSで放映するなんて滑稽ですね

しかし、ファンにはたまらないのっぴきねらねぇ情報です
過去、BS-NHKで20年以上前に再放送していたビデオテープを再生して観ているこちらとしては、願ってもない情報
DVDに焼き付けて保存版しょの2にする予定です

第1回「川留めの水は濁った」と18回「流れ舟は帰らず」は木枯らし紋次郎 DVD BOOK に付属していますから、慌てませんけどね

しかし明日の夕方からは毎日、録画できているか気がふれんばかりの興奮状態で帰宅することになるでしょう・・・(笑)
明日からが楽しみです

  • 20140429
  • makkun4 ♦v8iNFFOw
  • URL
  • 編集 ]
Re: 日々紋次郎「ブログ開設5周年」

makkun4さま、コメントをいただきありがとうございます。

ライバル局の作品ですが、ここまで来ると、国民的傑作時代劇と認定されたようなもので、ファンとしては喜ばしいことですね。
30年以上前の作品であっても、「名作は死なず」といった感じです。
往年ファンのみならず、初めて視聴する人にとっても、今回の放映は記念すべきイベントになることでしょう。

私もDVDは持っているものの、録画の準備をしています。
楽しみですねぇ。

  • 20140429
  • お夕 ♦wikz35BA
  • URL
  • 編集 ]
コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/