紋次郎気質

1972年、一世を風靡した中村敦夫演じる木枯し紋次郎。笹沢氏が生み出した紋次郎とを比較しながら、紋次郎の魅力に迫ります。

Articles

“紋cafe”でいっぷく「愛すべき亀岡の神社」その1

“紋cafe”でいっぷく「愛すべき亀岡の神社」その1

“紋cafe”でいっぷく「愛すべき亀岡の神社」その1
桜の季節も終わりに近づいた4月の第2週、思い立って亀岡を訪れました。いつもながら行き当たりばったりなのですが、やはり神社に足が向きます。

紋cafeでいっぷく「愛すべき亀岡の神社」その1

市街地から少し離れた余部町にある「走田神社」。ここを訪れるのは二度目です。昔からよく、時代劇のロケ地として使用されているようです。なかなか厳かな雰囲気で、大きな林があちこちに陰影をつくり、いい感じでした。

紋cafeでいっぷく「愛すべき亀岡の神社」その1

古びた境内は、どこもかしこも時代劇に使えそうな所ばかりでしたが、鳥居を出た隣りにある社務所も風情があって素敵でした。

紋cafeでいっぷく「愛すべき亀岡の神社」その1

紋cafeでいっぷく「愛すべき亀岡の神社」その1


どっしりした大きな萱葺きの屋根や、ぐるりと張り巡らされた立派な外壁。村の有力者か、さしずめ庄屋のお屋敷といったところでしょうか。
もしかしたら、紋次郎のロケ地にも使われたかもしれません。「怨念坂を蛍が越えた」とか「年に一度の手向草」には、立派な屋敷が見えましたっけ。

紋cafeでいっぷく「愛すべき亀岡の神社」その1

次に向かったのは「松尾神社」。山麓にある旧村社です。獣除けのネットや電流柵をかいくぐり、鳥居に向かいました。鳥居をくぐってからしばらく、山の中に参道が続きます。

紋cafeでいっぷく「愛すべき亀岡の神社」その1

二の鳥居の次に拝殿があり、四の鳥居の向こうに覆い付きの本殿があります。

紋cafeでいっぷく「愛すべき亀岡の神社」その1

ここは湿度が高いのか、拝殿や本殿に苔の色が見え、侘び寂びを感じました。

紋cafeでいっぷく「愛すべき亀岡の神社」その1

苔が映える季節になると、美しいだろうなあ、と思います。ここも、紋次郎の撮影にはピッタリの場所です。いつものように誰も姿がなく、静謐な時間を味わえました。
獣除けで迎えられた神社でしたが、山蔭には桜が咲いていました。

紋cafeでいっぷく「愛すべき亀岡の神社」その1

観光地で華やかに咲く桜ではなく、ひっそりとした佇まいに、山里の春を感じました。


宜しければランキングにご協力をお願いいたします

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
クリックで投票


トラックバックURL

http://kogarashi1940.blog10.fc2.com/tb.php/289-e2f95e29

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

Re: “紋cafe”でいっぷく「愛すべき亀岡の神社」その1

お夕さん、お邪魔しやす。

BSーTBSで紋次郎再放送始まりましたね。
http://www.bs-tbs.co.jp/drama/monnjirou/

新ブログではやりたい放題馬鹿やってます(笑)

7月から「信シェフ」パート2始まりますので、よかったら見てください。前作は結構面白かったんですが、今回は前回キャスティングされていなかった濃姫や武田信玄も重要人物で出てきますので、どなたが演じるのかで作品の出来が決まりそうです。

  • 20140501
  • 紋次郎の姉 ♦suWcSb.M
  • URL
  • 編集 ]
Re: “紋cafe”でいっぷく「愛すべき亀岡の神社」その1

紋次郎の姉さま、コメントをいただきありがとうございます。
お久しぶりでござんす。

再放送の影響か、拙ブログもアクセス数が心なしか増えたように思いやす。
ありがたいことでござんす。

「信長のシェフ」のパート2が始まるんでござんすか?
姉さんのテンションが益々アップいたしやすねぇ。
好きなモノがあると、活力が湧いてくるもんでござんす。

姉さんも随分とお達者で。

  • 20140501
  • お夕 ♦wikz35BA
  • URL
  • 編集 ]
コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/