紋次郎気質

1972年、一世を風靡した中村敦夫演じる木枯し紋次郎。笹沢氏が生み出した紋次郎とを比較しながら、紋次郎の魅力に迫ります。

Articles

日々紋次郎「私のお宝・台本」

日々紋次郎「私のお宝・台本」

日々紋次郎「私のお宝・台本」
市川崑劇場「木枯し紋次郎」の当時の台本です。

第5話「童唄を雨に流せ」
第6話「大江戸の夜を走れ」 
第9話「湯煙に月は砕けた」
の3冊です。

日々紋次郎「私のお宝・台本」

表紙の題字はそれぞれ色が違い、表紙をめくると真紅のページが現れ、こだわりを感じます。台本の装丁は誰だったんでしょうね。
「湯煙に月は砕けた」は誰か持ち主の名前が書いてあったようですが、黒く塗りつぶされているので、わかりません。

日々紋次郎「私のお宝・台本」

こちらは「新木枯し紋次郎」の台本です。市川バージョンの台本と同じく、題字の色がそれぞれ違います。しかし、おしゃれな真紅のページはありません。

第3話「四つの峠に日が沈む」 
第5話「賽を二度振る急ぎ旅」
第7話「四度渡った泪橋」
第10話「鴉が三羽の身代金」
第11話「笛の流れは三度まで」
第13話「明日も無宿の次男坊」
第16話「二度と拝めぬ三日月」
第17話「女が二度泣く水車小屋」
第18話「砕けた波に影一つ」
第20話「甲州路の黒い影」
第22話「鬼が一匹関わった」

この中で、特異なものが「女が二度泣く水車小屋」です。この回の台本では、「狐火を六つ数えた」のままです。原作とは全く違う脚本で、テレビだけのオリジナルと言ってもいいぐらいです。

「新……」の台本の何冊かは、当時のスタッフさんが使っていた物だったようで、あちこちに書き込みがされています。
「内藤」と名前が書かれていますので、調べてみますと、美術担当の「内藤昭」さんのようです。
書き込みには、ロケ地が書かれていたり、シナリオの内容変更があったり……で興味深いです。

真っ新なままの台本より、現場で使われ、撮影の空気を吸った台本の方が、私にとっては貴重です。

当時を知る貴重な資料で、私のお宝のひとつです。


宜しければランキングにご協力をお願いいたします

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
クリックで投票

トラックバックURL

http://kogarashi1940.blog10.fc2.com/tb.php/298-0766998b

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

台本

非常に貴重なものですね。
しかも書き込みがあるのは使用されたものですよね。
どういう経過で入手したのか、これはお宝ですね。
是非、大事にして下さいね。
では、又♪

Re: 日々紋次郎「私のお宝・台本」

ぶんぶんさま、コメントをいただきありがとうございます。

40年近く前のものですから、印刷技術も今と違い、なかなか味わいのある風格を感じます。
台本とドラマとを、比較するのも面白いかもしれません。

残暑厳しき折です。
ご自愛下さい。

  • 20140806
  • お夕 ♦wikz35BA
  • URL
  • 編集 ]
Re: 日々紋次郎「私のお宝・台本」

こんにちは。お元気ですか?

貴重なものをみせていただきました。
台本というものを初めて目にしました。
よく、俳優さんたちが、これに書き込む、といいますね。
「宝物」とおっしゃるのが、よくわかります。外ではなく、中が朱くしてあり、おしゃれですね。

ところで、きのう、京セラにいって応援してきました。このところ、調子いいので
気分いいですね~。


  • 20140809
  • てのりぱんだ ♦C/Rcg83E
  • URL
  • 編集 ]
Re: 日々紋次郎「私のお宝・台本」

ぱんださま、コメントをいただきありがとうございます。

実際に台本を見ると、「作品の骨格だなあ。」と思いますね。
この台本を元にして、監督をはじめ、たくさんのスタッフさんや役者さんが肉付けをして、作品が出来上がるんだなあと、改めて思いました。
台本って、想像したものより結構ざっくりした内容なんですね。ここからああいう映像や演技になるんだ、と思うと「さすがだなあ。」と感じ入ります。

今日もヒヤヒヤしましたが、タイガース、勝ちましたね。上位チームとの直接対決は、勝ち負けが大きいですから良かったです。一日でも長く、この好調ぶりを続けて欲しいものです。

  • 20140809
  • お夕 ♦wikz35BA
  • URL
  • 編集 ]
Re: 日々紋次郎「私のお宝・台本」

一般人にはお目にかかれないものを見させて頂き、嬉しく思います。
自分も後楽園ホールでお笑いの台本を見つけた事が有りましたが、(ここで笑い)とか書いてあって興醒めした思いがありました。

これなら本当にお宝ですね。

Re: 日々紋次郎「私のお宝・台本」

Nicoさま、コメントをいただきありがとうございます。

40年以上前の台本ですので、特に珍しいかもしれません。
お宝とはいっても、結構手荒にペラペラめくっていますので、価値は下がっていると思います(笑)。

他に「銭形平次」と「おしどり右京……」もなぜか、持っています(笑)。

  • 20140817
  • お夕 ♦wikz35BA
  • URL
  • 編集 ]
コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/