紋次郎気質

1972年、一世を風靡した中村敦夫演じる木枯し紋次郎。笹沢氏が生み出した紋次郎とを比較しながら、紋次郎の魅力に迫ります。

Articles

“紋cafe”でいっぷく「水郷・西の湖」

“紋cafe”でいっぷく「水郷・西の湖」

“紋cafe”でいっぷく「水郷・西の湖」
前回、八幡堀を紹介しましたが、堀の水源ともいえる水郷や西の湖も、時代劇のロケ地としてよく使われています。
この前の放送「鬼平犯科帳・密告」にも、西の湖がチラリと使われていました。

“紋cafe”でいっぷく「水郷・西の湖」

琵琶湖畔に広がる水郷は「琵琶湖国定公園」に指定されていて、近年では重要文化的景観の第一号として、国から選定をされました。
昔は他にも内湖があったのですが、どんどん干拓されてしまい、西の湖だけが何とか残っているという状態です。

“紋cafe”でいっぷく「水郷・西の湖」

テレビドラマ「剣客商売」では、秋山小兵衛が妻の「おはる」に操られた小舟で、川を渡るシーンが何度も出てきます。この情趣溢れる風景がこの地なのです。

観光シーズンともなれば、水郷めぐりの舟が行き交いますが、葦原に入り込みますと外界の音がシャットアウトされ、驚くほど静かです。水の音、櫓をこぐ音、野鳥の声……運が良ければ「かいつぶり」の浮巣を見ることもできます。

“紋cafe”でいっぷく「水郷・西の湖」

ここでの景観は葦原と湿地に生える樹木、そして水面の美しさといえるでしょう。今までも何度かこの風景の写真を掲載していますが、何度足を運んでも魅力を感じます。
広大な湿地帯ですので、アングルを工夫すると人工的な物もあまり映り込みません。

“紋cafe”でいっぷく「水郷・西の湖」


私は特に冬枯れの葦原が好きです。夏の青々とした生命力溢れる風景もいいのですが、自称モンジラー(仮称)としてはやはり冬枯れでしょう(笑)。

“紋cafe”でいっぷく「水郷・西の湖」

“紋cafe”でいっぷく「水郷・西の湖」

無彩色の中、風雪に耐えた樹木の幹や枝が黒いシルエットになっている風景も好きです。葉を落とした冬の方が、枝のシルエットがはっきり見え、寂しさもありますが孤高の姿に心が引かれます。

“紋cafe”でいっぷく「水郷・西の湖」

“紋cafe”でいっぷく「水郷・西の湖」

そして、夕暮れ……。
西の湖の夕景は絶品です。春はぼんやり、夏はギラギラ……といった感じですが、晩秋から冬にかけては空気も澄んで、より一層美しさが増します。

葦原が出てくる紋次郎の映像として思い浮かぶのは「明鴉……」と「九頭竜……」でしょうか。「馬子唄……」はススキ原だったと思います。
葦原のロケ地がどこだったのかはわかりませんが、水郷付近を歩くときはいつも紋次郎サンの姿を探します。これはもう、一種の習性ですね(笑)。

“紋cafe”でいっぷく「水郷・西の湖」

今回は水郷近くの牛舎を警備する、ニャン。かなり遠くに離れていたのに、不審な動きをする私に気付いていました。さすがです。


宜しければランキングにご協力をお願いいたします

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
クリックで投票

トラックバックURL

http://kogarashi1940.blog10.fc2.com/tb.php/321-7f6f72b1

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

Re: “紋cafe”でいっぷく「水郷・西の湖」

ここ、一度行ったのですが、お夕さんの写真のような場所は見つからずじまいでした。
今度は情報をしっかり集めてリベンジしてまいります。

あと紋次郎の葦原といえば「六地蔵」。
あれは、比良連邦の見え具合から考えたら、湖西なのでしょうか。

仮面の忍者赤影」にも、「六地蔵…」と似た葦原が出てきますが、赤影役だった坂口徹郎さんのインタビューによりますと、「滋賀の長池という場所で、山林や草原があってそこでいろいろ撮影できたが、もう京都のベッドタウンとして開発され、なにもなくなってしまった」とのことでした。
「滋賀県 長池」で調べたら、竜王町にその地名があるのですが、山など無いエリアで、違うように思えます。
個人的には、湖西にこの地があって、紋次郎や股旅シリーズの撮影もそこで行われたことがあるのではないか、そして、これまでさんざん検討しても目星すらつかなかった撮影地のいくつかは、そこではないだろうか、と推測します。
「昔は時代劇の撮影に使われたが、今はベッドタウンになってしまった滋賀の長池」、お夕さん、何か情報は無いでしょうか。

  • 20150126
  • TOKI ♦nhNJg39g
  • URL
  • 編集 ]
Re: “紋cafe”でいっぷく「水郷・西の湖」

TOKIさま、コメントをいただきありがとうございます。

竜王町に長池という地名は交差点の名前であります。私も少し調べてみたのですが、ここは今、ダイハツの滋賀工場が広い敷地を占めています。
この工場ができたのが、1974年……赤影が放映されていたのは、1967年~1968年。ということは、もしかしたら工場ができる前は、ロケ地として使用されていたのかもしれません。

この竜王町は、確かにベッドタウンで、山や林はかなり住宅地になっています。この地の近くを流れる善光寺川付近は、昔、映画のロケ地として注目を浴びた……という記述も見つけました。やはり以前はロケ地だったのでしょう。
今は大分様変わりはしましたが、それでもまだロケ地として使えそうな所はあります。
ご質問の答えにはなっていなくてすみません。

  • 20150127
  • お夕 ♦wikz35BA
  • URL
  • 編集 ]
Re: “紋cafe”でいっぷく「水郷・西の湖」

お夕さん、調べて頂き、ありがとうございます。
おお、竜王町の長池が撮影地でしたか。
普通の山林とかなら、撮影所近くの右京区や亀岡にいっぱいあるはずなのに、竜王町まで出向くからには、ここでしか撮れない何かがあったわけですが、それは一体なんだったんでしょうね。
紋次郎や股旅シリーズにも使われたのか知りたいので、いつかツーリングの途中で寄り道して、どんな地形なのか見に行きます。

  • 20150131
  • TOKI ♦nhNJg39g
  • URL
  • 編集 ]
Re: “紋cafe”でいっぷく「水郷・西の湖」

TOKIさま、コメントをいただきありがとうございます。

竜王町がロケ地だったかは確証がないので、もしかしたらガッカリされるかもしれません。ご容赦くださいね。

滋賀県はロケ地の宝庫です。
「滋賀ロケーションオフィス」という組織が県庁内にあり、映像製作の誘致や支援を行っています。
http://www.shiga-location.jp/index.php

滋賀県内でしたら、ほとんどのシチュエーションに対応できます。
これは湖国の財産だと思いますね。

  • 20150131
  • お夕 ♦wikz35BA
  • URL
  • 編集 ]
コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/