紋次郎気質

1972年、一世を風靡した中村敦夫演じる木枯し紋次郎。笹沢氏が生み出した紋次郎とを比較しながら、紋次郎の魅力に迫ります。

Articles

日々紋次郎「掟」

日々紋次郎「掟」

日々紋次郎「掟」
敦夫さんのレコードを大分前に入手したのですが、なぜか畏れ多くて、ずっと聞くのをためらっておりました。

今回ご紹介するのは、昔懐かしいドーナツ盤。
ビクターから1973年に出されたもので「掟」「地蔵峠の雨に消える」が収録されています。

このレコードは、オークションで入手したのですが、レアなわりには適正価格(笑)。いつものことながら、落札価格はすでに忘却。

当時、私は敦夫さんがレコードを出したということも知らず、もっぱら「上條恒彦さん」に夢中になっておりました。もちろん主題歌「だれかが風の中で」から、ファンになったのですが……。随分入れ込んで、ファンレターまで出しました。アルバムに明記されていましたので、事務所がわかったからです。当時、敦夫さんへの連絡先は全くわかっておりませんでした。子ども心にも雲の上の人だと思っておりましたし、連絡先など、毛頭考えておりませんでした。今と違い、情報もあまり流出していませんでしたし、とにかく当時はまだ子ども……。テレビぐらいしか、情報源がありませんでした。

日々紋次郎「掟」

閑話休題。
B面の「地蔵峠の雨に消える」は歌ではなく、テレビドラマのセリフのかけ合いです。
十太の妻であるお千代が紋次郎にすべてを打ち明け、紋次郎が書状を届けに行くのを止める場面です。
紋次郎が自分を、「あっしも、骨の髄から、渡世人だからでござんしょう。」と評するところが印象的です。
紋次郎の最後のセリフは「十太さんの美しいおかみさん、またお目にかかることもねえでしょうが、ずい分とお達者で」で締めくくられています。「美しいおかみさん」というセリフが引っかかりますねぇ。絶対に紋次郎だと、言わないでしょうが……。

しっとりとしたいい場面でした。敦夫さんの低く響く押さえた声が心地よく聞こえました。

さてA面の「掟」です。作詞は敦夫さん本人、作曲は「浜圭介」さん。
イントロの後、セリフから始まります。
「掟というものは 他人さまに縛られることじゃないんですねえ、自分で作り、自分を追いこみ、自分自身を縛ることでございましょう。」
渡世人言葉ではなく、何となく中途半端……。

一.男心は 闇より暗いさ…略…意地で果たさにゃ ならぬ時…略…

二.男心は 風より淋しい…略…追われたこの身に 明日はない…略…

まさに、紋次郎のことを歌っています。

敦夫さんの歌声は、台詞回しとは違いキーは高め。どっしりとした低音ではなく、どちらかと言うと軽い感じで歌われています。一音ずつ音程を外さぬよう……という緊張感が滲み出ています。

曲調は演歌調で、昭和の香りがする雰囲気です。(当時は昭和ですから当然ですが)
紋次郎を演じた中村敦夫さんが歌っているのですが、紋次郎の声とは思えない……摩訶不思議な感覚を覚える歌でした。
また、ジャケットの写真も格好いいのですが、何となく違和感……。サファリジャケットにサングラスと言えば、ドラマ「追跡」の雰囲気です。
いろいろと、突っ込みどころ満載(笑)の一品です。


宜しければランキングにご協力をお願いいたします

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
クリックで投票

トラックバックURL

http://kogarashi1940.blog10.fc2.com/tb.php/330-fe649860

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

Re: 日々紋次郎「掟」

ブログ6周年、おめでとうございます。
中身が濃くて文章もみがかれていて、そういう記事を6年続けられるのはすごいことですね。
紋次郎愛あふれた記事で、風土記、歳時記、などを織り込ませてあり話題豊富で、為になります。
これからも、遠いところから・・(いえ、ブログ界では関西同士、近いほうですね。)そして陰ながら応援しています。

ところで、ドーナツ盤をきく事が出来るんですね。うちにはステレオがないです。
このごろ、またレコードブームで、久々にながおかのレコード針が売れているそうですね。やっぱり人間ってもとへ戻る習性があるのでしょうか?

  • 20150423
  • てのりぱんだ ♦C/Rcg83E
  • URL
  • 編集 ]
Re: 日々紋次郎「掟」

ぱんださま、コメントをいただきありがとうございます。

ぱんださんのほっこりブログには、いつも癒されています。
これからもよろしくお願いいたします。

ドーナツ盤……懐かしいですよね。
私の身内にオーディオマニアがおりまして、そのおかげで聴くことができました。

初めてCDを聴いたときは、音のクリアさに衝撃を受けました。雑音なく、ひずみのない音色が一番だと思っていましたが、レコードのあのブチブチ音がまた、いい味を出しているんですよね。

これも自然回帰っていうんでしょうか。

  • 20150424
  • お夕 ♦wikz35BA
  • URL
  • 編集 ]
コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/