紋次郎気質

1972年、一世を風靡した中村敦夫演じる木枯し紋次郎。笹沢氏が生み出した紋次郎とを比較しながら、紋次郎の魅力に迫ります。

Articles

紋次郎の影を追う「北国街道を往く~三途の川は独りで渡れ~」(前編)

紋次郎の影を追う「北国街道を往く~三途の川は独りで渡れ~」(前編)

紋次郎の影を追う「北国街道を往く~三途の川は独りで渡れ~」(前編)
さて、前回の「女人講~」は篠ノ井追分から二本木までの旅でしたが、今回はその逆コース、越後の高田のご城下から、信州小県郡の芝生田村まで紋次郎は急ぎます。それも雪の北国街道ですから、かなりの強行軍。赤子が間引かれるかもしれないという、一刻を争うものです。

高田藩といえば、前回の「女人講~」での事件の発端……高田藩の家臣四人が庚申待ちの夜に二本木で狼藉を働き、「おゆみ」が手籠めにされるという因縁話を思い出します。

前出の二本木を通り過ぎますが、当然紋次郎はお筆のことを全く心に残していませんので、完全にスルーです(笑)。

紋次郎の影を追う「北国街道を往く~三途の川は独りで渡れ~」(前編)

関川の関所は、明け六つから暮れ六つまでに通り抜けないと閉門されますので、とにかく急ぎます。助けを求める二人の渡世人も完全にスルーです(笑)。
原作には「関所を抜けて、二つの橋を渡る」と書かれています。関所の近くに流れる川は「関川」……まんまです(笑)。この川が国境で、当時は一ノ橋、二ノ橋、三ノ橋を越えて信濃に入ったとパンフレットには書かれていました。現在は復元された太鼓橋がかかっていました。


この後紋次郎は、善光寺の二里半手前の廃屋となった水車小屋で野宿をしようとします。しかしその後、怪しい四人組が入ってきたため、結局一睡もせず朝を迎えます。暗いうちに水車小屋を出て、七つ半、午前五時に善光寺の町に入ります。

紋次郎の影を追う「北国街道を往く~三途の川は独りで渡れ~」(前編)

善光寺……私は以前訪れたことがありますので、今回で2回目です。1400年の歴史を持ち、「一生に一度は善光寺詣りをしたい」と全国の老若男女が参詣するというお寺です。当然江戸時代もたくさんの善男善女が訪れたことでしょうが……紋次郎はここも完全にスルーです。

「紋次郎は提燈の火を消して、善光寺の街中を素通りした。上額山善光寺、不捨山浄土寺、南命山無量寿寺、北空山雲上寺、それに多くの宿坊の雪景色が見られるほど、まだ明るくはなっていなかった。」(原作より抜粋)

紋次郎の影を追う「北国街道を往く~三途の川は独りで渡れ~」(前編)

今回は、善光寺の山門の登楼参拝をしました。文殊菩薩、四天王、四国八十八か所霊場の仏様などを目にすることができました。そして二階からの眺望……この景色はカメラ撮影を許されています。参道にはたくさんの参拝客の姿がありました。
紋次郎が通過したのは夜明け前ですので、人影もほとんどなかったことでしょう。

この後、前作と同じく犀川の渡し舟に乗って、篠ノ井追分に午前八時に着きます。篠ノ井追分を右に進むと松本道で「稲荷山宿」になります。
紋次郎は左の北国街道をたどり、ここでまた川を渡ります。「千曲川の舟渡しである」と原作にあるだけなのですが探しました。原作にはその後、「矢代を五つ半、午前九時に通り過ぎた」とありますので、「矢代」(屋代)を手がかりにしました。……見つけました!

紋次郎の影を追う「北国街道を往く~三途の川は独りで渡れ~」(前編)

紋次郎の影を追う「北国街道を往く~三途の川は独りで渡れ~」(前編)

この「軻良根古(からねこ)神社」の近くから、渡し舟が出ていたようです。川べりにそれらしき跡がないか、と探しましたが見当たりませんでした。
現在は大きな橋が二本架かっていて、一つは北陸新幹線、もう一つは信越本線が走ります。

紋次郎の影を追う「北国街道を往く~三途の川は独りで渡れ~」(前編)

時代は大きく変わりましたが、この「軻良根古神社」は、相当に古い神社のようですので、紋次郎が舟で渡った時も鎮座していたことでしょう。
もしかしたら舟を待つ間、この神社で休憩……といったこともなされていたのではないでしょうか。

紋次郎の影を追う「北国街道を往く~三途の川は独りで渡れ~」(前編)

寛政12年に寄進された燈籠もありましたので、紋次郎が生まれる少し前、ということになります。

紋次郎の影を追う「北国街道を往く~三途の川は独りで渡れ~」(前編)

風情のある古社でしたので、とても気に入りました。この「軻良根古神社」には大鼠と唐猫の伝説が伝わっていて、興味深かったです。唐猫というのは、中国からやって来た猫ということで、黒猫だったという説があります。

紋次郎の影を追う「北国街道を往く~三途の川は独りで渡れ~」(前編)

この猫は、今回の旅中に出会った黒猫です。唐猫(中国のネコ)ということで、なぜか片耳がペキン(北京)と折れていました(笑)。
(後編に続く)


宜しければランキングにご協力をお願いいたします

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
クリックで投票

トラックバックURL

http://kogarashi1940.blog10.fc2.com/tb.php/400-47f478a3

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

Re: 紋次郎の影を追う「北国街道を往く~三途の川は独りで渡れ~」(前編)

北京と折れる。オヤジギャグですね~(笑)

  • 20171003
  • カノッチ ♦-
  • URL
  • 編集 ]
Re: 紋次郎の影を追う「北国街道を往く~三途の川は独りで渡れ~」(前編)

カノッチさま、コメントをいただきありがとうございます。

おやじギャグにお付き合いくださいまして、ありがとうございます。
これからも、精進いたします(笑)。

  • 20171004
  • お夕 ♦wikz35BA
  • URL
  • 編集 ]
コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/