紋次郎気質

1972年、一世を風靡した中村敦夫演じる木枯し紋次郎。笹沢氏が生み出した紋次郎とを比較しながら、紋次郎の魅力に迫ります。

Articles

“紋cafe”でいっぷく「今年の紅葉は……」

“紋cafe”でいっぷく「今年の紅葉は……」

“紋cafe”でいっぷく「今年の紅葉は……」
この夏の猛暑と、何度もやって来た猛烈な台風……。今年の紅葉はあまり期待できないのでは、と心配していました。しかし、健気に自然の摂理を全うし、美しい装いを見せてくれました。

“紋cafe”でいっぷく「今年の紅葉は……」

いつも近くで隠れスポットを探すのですが、今回は「瓦屋寺」をご紹介します。変わった名前の寺院ですが、聖徳太子が摂津四天王寺を建立した時に、この地の山土で10万8千枚もの瓦を焼いて作り「瓦屋寺」を建立した……と伝えられる寺院です。

“紋cafe”でいっぷく「今年の紅葉は……」

891年東大寺の末寺となりますが、16世紀末に兵火で焼失し荒廃します。その後、江戸時代の初期に香山祖桂和尚によって再興されます。現在は禅寺になっています。

“紋cafe”でいっぷく「今年の紅葉は……」

御本尊は秘仏で「千手観世音」。33年に1回開扉という、近江西国三十三ヶ所観音霊場第18番の寺院です。
本堂は茅葺屋根で趣があります。ご住職のお話では地元の葦(ヨシ)が使われているということです。


境内は広々としていて、至る所で美しい紅葉が見られ、整えられた美しさではなく、野趣あふれた自然美が感じられました。今回訪れたときは、あいにくの小雨模様でしたが、それはそれでしっとりとした静かな時が流れました。
近くの「太郎坊」は有名ですが、この瓦屋寺はまだあまり知られていない隠れ寺。でも、きっとこれから紅葉の名所として人気が出るのではないか、と予感しています。

もう一つの近場のスポットは「教林坊」。

“紋cafe”でいっぷく「今年の紅葉は……」

こちらは以前も拙ブログでご紹介したと思いますが、今では隠れ寺とは言えないぐらい有名になりました。今年も美しい紅葉に、多くの人が魅了されたと思います。

“紋cafe”でいっぷく「今年の紅葉は……」

“紋cafe”でいっぷく「今年の紅葉は……」

美しい紅葉をずっと見ていたいと思いますが、刻々と変わりゆくのが自然の姿。今では落葉して、冬の様相となっているでしょう。

“紋cafe”でいっぷく「今年の紅葉は……」

“紋cafe”でいっぷく「今年の紅葉は……」

四季の繰り返しは、まさに無常観を表わしています。その意味でも、寺院には四季の移ろいを感じる花や樹木を配しているのかしら、と思います。いろいろと感得することが多い、古寺での紅葉鑑賞でした。


宜しければランキングにご協力をお願いいたします

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
クリックで投票

トラックバックURL

http://kogarashi1940.blog10.fc2.com/tb.php/417-1c9c33d7

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

Re: “紋cafe”でいっぷく「今年の紅葉は……」

今年も終わろうとしています。お元気で頑張っていらしゃると思います。!
今年は大変お世話になりました。今日はクリスマスですが、世の中は苦しんでいる人が多いようです。汗)
よいお年をお迎えされますようお祈りいたします。☆

  • 20181224
  • 荒野鷹虎 ♦-
  • URL
  • 編集 ]
Re: “紋cafe”でいっぷく「今年の紅葉は……」

鷹虎さま、コメントをいただきありがとうございます。

こちらこそ、いつも気にかけていただきありがとうございました。

平成最後の年の瀬ですね。
昭和は遠くなりにけり……。
「世界が平和で安寧でありますように」と、いつも新年に願うのですが難しいですね。
でもやはり来年も祈念すると思います。

鷹虎さまにも、よいお年をお迎えいただきますように……。

  • 20181224
  • お夕 ♦wikz35BA
  • URL
  • 編集 ]
コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/