紋次郎気質

1972年、一世を風靡した中村敦夫演じる木枯し紋次郎。笹沢氏が生み出した紋次郎とを比較しながら、紋次郎の魅力に迫ります。

Articles

第24話「女郎蜘蛛が泥に這う」(前編)

第24話「女郎蜘蛛が泥に這う」(前編)

第24話「女郎蜘蛛が泥に這う」(前編)
(原作1972年 第17話) (放映1972.12.23)
テレビ版作品で大きな比重を占めるものは、何といってもお甲役の「北林谷栄」の存在感だろう。老婆役を演じたら、右に出る者がいないという程の名女優である。私が物心ついたときから、すでに老婆役をされていた。演技力もさることながら、語り口も独特のものがあり、実に味のある女優さんだ。
語り口と言えば「となりのトトロ」で、気のいい優しいおばあちゃんの声を演じておられた。

市川監督作品の「炎上」では主人公吾一の母親で、住職の夫がありながら不倫をする役を演じている。女の嫌な部分を、実に上手く演じておられたのが印象的だった。
今回は、その「母親の嫌な部分」が前面に出ているような演技である。

テレビ版と原作での展開は、大きな流れにおいて同じだが、細部に相違点がある。

まずアバンタイトルでの紋次郎と千代松との関わり。
原作では、梅吉夫婦が千代松に金を奪われそうになるところを紋次郎が助ける。テレビ版では間違った道を教えたため、千代松に出遭い、左腕を斬られ金を奪われ崖から落ちた商人の意趣返しのため千代松を捜す。

テレビ版での紋次郎は、千代松の顔を見ていないので、商人が話した朱色の鞘を腰に落としているということが、識別できるポイントとなる。
原作では、梅吉夫婦を助ける前に紋次郎は二人の子どもを連れた母親に会っている。その母親に間違えた道を教えてしまったため、千代松に襲われ左腕を斬り落とされてしまった。
紋次郎はなんの関わりもないその母親の意趣返しのため、千代松の左腕をもらい受けると言い放つ。
基本的には、自分の落ち度を償うために千代松を斬るという目的を持つことは同じである。

テレビ版ではアバンタイトルで紋次郎はお甲とすれ違い声をかけられている。
「捜している伜と同じ色の鞘なもんで……」
朱鞘を腰にする老婆の伜と、商人を襲った男が同一人物ということがわかる。

テレビ版では立ち寄った与吉郎の賭場で、紋次郎は朱鞘が刀懸にあるのを見つける。そこにお勝が現れ、与吉郎の妹であることが提示される。
賭場を後にした紋次郎は、民家の間をすり抜けて歩いていくのだが、その夜の風景が実に美しい。
ぼんやりと灯火がともる街道を足早に抜けていく一瞬なのに、かなり凝った映像である。萱葺きの家や石垣が見えるので屋外ロケと思われる。

野宿するために立ち寄った社で、紋次郎は千代松とお勝が逢い引きしているところに出くわす。
原作では千代松の風貌は40歳ぐらいの雲を突くような大男で、鍔のでかい長脇差を腰にしているとあるが、テレビ版で演じるのは「寺田農」。
どちらかというと痩せ型で華奢な感じの俳優さんである。母親に頭が上がらない気弱な伜という雰囲気をストレートに出したキャスティングである。後に「水滸伝」で寺田氏と中村氏は共演しているが、味のある脇役さんである。

朱色の鞘を見て商人を殺した男とわかった紋次郎は、二人の前に姿を現す。鬱蒼とした木々の合間から紋次郎のシルエットが見え、そのバックに白い霧が流れる。映像的にも印象的なシーンである。
千代松とお勝を前にしての台詞。

第24話「女郎蜘蛛が泥に這う」(前編)

「……あっしさえ間違えなかったら、あんな事にはならなかったんだ。どうしてもその左腕をもらわなくちゃ、あの商人に申し訳が立たねぇ。」
(ドラマの台詞より)
「……あの母親はおめえに襲われ取り返しのつかねえことになっちまったわけだ。この紋次郎のお蔭で、あの母親は左腕を失くした。その左腕をおめえから、取り返すことにさせてもらうぜ」(原作より抜粋)

どちらも紋次郎にとっては、縁もゆかりもなく何の関わり合いもない人間だが、間違った道を教えたために人生が狂ってしまったのである。そのことに紋次郎は責任を感じている。
己の不始末は己でケリをつけるというのは、自身の鉄則である。この鉄則に従う紋次郎は実に厳しい。

しかしその厳しい鉄則さえ揺らぐぐらいの、お甲の真に迫る演技である。北林谷栄の哀れな老母の姿は、観る者を一気に引き寄せる。さすがの紋次郎もたじろぐ勢いである。すがるお甲が口にした、ある台詞に紋次郎は反応する。

「お前さまにも、おっかさんというものがおありのはず……。子を想う母親の気持というものを、汲んでやって下さいまし」

「あっしには、おふくろなんてものはござんせん」
「生まれたばかりの赤子を殺そうとしたおふくろなんて、いねえも同じ道理でござんしょう」
「へい。ですから、あっしにはおふくろなんてものは、おりやせん。会いたくもなけりゃあ、思い出したこともねえ。生きているやら死んだものやら、あっしの知ったことじゃあござんせん」(原作より抜粋)

「あっしにはおふくろなんてござんせんよ」
「生まれたばかりの赤ん坊を、間引きで殺そうとしたおふくろなんて、いねえも同然でござんす」
(ドラマの台詞)

テレビ版の方が台詞も短く淡々と答えている。それだけに殺伐としたやりきれない想いが胸に去来する。
原作では
「世の中にはやっぱり、おふくろというものがいるんでござんすね。あっしは、初めて教えてもらいやしたぜ」
と背中で言って紋次郎は立ち去る。

テレビ版では抜いた刀を鞘に収め立ち去る紋次郎を見送った後、お甲は真顔に戻り、千代松を思いっきりひっぱたく。気の強い老婆であり、観る者はここで、あれ?と思う。

この後テレビ版の紋次郎は戸板で運ばれる死人を目にし、道行く者の話から、また千代松が悪事を働いた事を知ることになる。
余談だが、その時紋次郎の前を通り過ぎる村人のはるか向こうに、白い小さい影が右から左に動く。
かなりのスピードで一直線……?
多分遠くの道を走る車輌だろう。

橋の上でお甲は、大金を手にして千代松に次の盗人働きを命令している。やはりそうだったのか、と妙に納得する。
何と言っても紋次郎作品であるので、親子の情愛など端からあろうはずがない。親子の縁を切るなら死んでやる、と目隠しをして橋から飛び降りるふりをするお甲を尻目に、千代松は逃げていく。
テレビ版のこの絡みは笑いを誘う。
(後編に続く)

トラックバックURL

http://kogarashi1940.blog10.fc2.com/tb.php/48-3fcc0bdd

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

Re: 第24話「女郎蜘蛛が泥に這う」(前編)

いやぁ~細部に亘ってドラマそのままを見ているようで、映像が浮かんでくるんです。

原作本と台本がまるで手元にあるようで・・・。

残念ながら一度くらい観ただけでは、白い早い動きのあるものまで確認することが出来ませんでした。

凄過ぎです!

Re: 第24話「女郎蜘蛛が泥に這う」(前編)

Nicoさま、コメントをいただきありがとうございます。

一般人に何回も再生され、スローで確認されるなんて、当時は想像できなかったことでしょう。

本当は、そんな鑑賞の仕方は良くないと思うんですけど……ね。

  • 20140626
  • お夕 ♦wikz35BA
  • URL
  • 編集 ]
コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/