紋次郎気質

1972年、一世を風靡した中村敦夫演じる木枯し紋次郎。笹沢氏が生み出した紋次郎とを比較しながら、紋次郎の魅力に迫ります。

Articles

紋次郎の影を追う「京都ロケ地 丹波国分寺」

紋次郎の影を追う「京都ロケ地 丹波国分寺」

紋次郎の影を追う「京都ロケ地 丹波国分寺」
*紋次郎が撮影されたロケ地や、原作に出てくる宿場や街道、峠などを紋次郎の影を求めて旅をしました。
「時代劇の風景」(http://agua.jpn.org/film/top.html)というサイトさんは、数多くの時代劇のロケ現場を紹介してくださってます。
拙ブログでも鳥居本八幡宮、藪田神社を記事で掲載いたしましたが、このサイトさんのお蔭です。

他に紋次郎のロケ地はないかと探していたのですが、見つかりました。
このサイトさんでは、この地が紋次郎のロケ現場とは紹介されていなかったのですが、ある山門の写真を見たとき「これはもしかして…」と思い映像で確認したのですが、ビンゴ!でした。

「駈入寺に道は果てた」の満徳寺(駈入寺)は、京都亀岡市の「丹波国分寺」です。
お染が満徳寺の門前で息を引き取った後、門の内側から欅の巨木と紋次郎の姿が見えます。
その門が国分寺の門です。

紋次郎の影を追う「京都ロケ地 丹波国分寺」

サイトさんの写真映像には、実際門前に欅はありませんので、美術さんが製作したようで実に上手く作ってます。
門の内側から見ると、左手に道が伸びています。撮影時には並木があったのでしょうが、現在は写真を見る限り並木は確認できません。
他には石仏群や本堂がチラリと映っています。
この「駈入寺に道は果てた」は、「紋次郎の独白」の中の「寒いロケ現場」での撮影現場だと推測しましたので、満徳寺も亀岡がロケ地かなあと推測していた次第です。
ということで、約1年前になりますが実際に確認のため行きました。

紋次郎の影を追う「京都ロケ地 丹波国分寺」

亀岡の市街から離れた農村地、田んぼと野原が広がる地にポツンと佇む廃寺状態のお寺でした。
門前には崩れた土塀や古い燈籠、石の標、お地蔵様が迎えてくれます。

紋次郎の影を追う「京都ロケ地 丹波国分寺」

大木が空に枝を広げ、門と本堂、鐘突堂、石仏群をひっそりと守っているといった感じでした。
この大木の枝のシルエットは、テレビ版に映し出されていたものとほとんど同じでした。

紋次郎の影を追う「京都ロケ地 丹波国分寺」

掲載されている写真通り、幹に穴のあいた欅の大木は、やはりありませんでした。また、門に続く道は舗装されていましたが、車がやっと1台通れるかというくらい狭い道で、風情は残っていました。
この村の人はこの寺を大切にされているようで、ゴミ一つ落ちてなく、手入れは行き届いていました。
この寺には奇妙な枝振りをした古木がたくさんあり、テレビの映像と同じシルエットで37年間、その姿を保っていてくれたことには、感激します。
いつものことですが、誰も人影はありませんでした。静寂の空間が、時代の変化から古社を守っているかのようでした。

紋次郎の影を追う「京都ロケ地 丹波国分寺」

亀岡は霧が出やすい土地で、ラストシーンも白い霧がかかっていて、趣深い映像でした。
訪れた時は霧は出ていなかったのですが、夕暮れ時でまさしく紋次郎の世界。タイムスリップをして、紋次郎が旅をしていた時代に入り込んだ気分で、とても幸せでした。

紋次郎の影を追う「京都ロケ地 丹波国分寺」

門前の一本道を眺めていると、紋次郎の孤独な後ろ姿が見えるようで、いつまでもその場に立ちつくしていたい気持ちに駆られました。

このお寺は「おしどり右京」や「うら殺し」にも、使われていたようで、現在もよく時代劇のロケ地になっているようです。
夕空にそびえる古木に「どうぞ、この風景をこれからもお護りください」と祈りました。

トラックバックURL

http://kogarashi1940.blog10.fc2.com/tb.php/68-d0fe3fae

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

Re: 紋次郎の影を追う「京都ロケ地 丹波国分寺」

お夕さま、こんばんは。
さすがのビンゴ!ですね。

霧が出やすい亀岡。シーンに叙情を与えるために
いい場所、いい時間帯を選んだのでしょうね。
最近のドラマと比べると、それが
丁寧な作りのように思えてしまうのが
なんとも残念ですね。

それにしてもお夕さまの撮影ですよね?写真。
いつも素敵な写真ばかりで
記事と同様、とても楽しみにしています。

  • 20100206
  • ナラリーノ ♦SJMMuUIM
  • URL
  • 編集 ]
Re: 紋次郎の影を追う「京都ロケ地 丹波国分寺」

ナラリーノさま、コメントをいただきありがとうございます。

この場所は本当に良いところで、静かです。

スタッフの人たちは、季節、場所、時間帯をしっかり把握されていて、
このシーンならあの場所の何時頃というデータをお持ちだったということです。
さすがですね。

写真は恥ずかしながら、全部自分が撮ったものです。
最近のデジカメは腕に関係なく、綺麗に写真が撮れるんですよね。
というより、被写体の方が大事なんですけどね。
外出するときは、いつもデジカメを持ち歩いています。

  • 20100206
  • お夕 ♦wikz35BA
  • URL
  • 編集 ]
こんにちわ

一番下の写真の左右のそびえたつのが欅なんですか?
壮観ですね。
紋次郎のドラマは観るたびにスカッとしていましたが、
随分昔なので内容は忘れました。
こうやって足跡をたどられているととても楽しいでしょうね。

私のところへも続けてきていただいて有難うございました。

  • 20100207
  • 小父さん ♦-
  • URL
  • 編集 ]
Re: 紋次郎の影を追う「京都ロケ地 丹波国分寺」

小父さん、コメントをいただきありがとうございます。

リアルタイムで、作品をご覧になっていらっしゃるんですね。
随分昔……38年も前になります。
未だに風情を残したロケ現場を、これからも大切にしていただきたいものです。

私自身もまさか、38年後に紋次郎の足跡を追うなどとは思ってもみませんでした。
不思議な縁を感じます。
これからもよろしくお願いします。

  • 20100207
  • お夕 ♦wikz35BA
  • URL
  • 編集 ]
Re: 紋次郎の影を追う「京都ロケ地 丹波国分寺」

おひさしぶりです。
きょうは中村敦夫さんの誕生日なので、お夕さんにも仁義を切ろうと思い、おじゃましました。ロケ地の写真もレポートも、胸を締め付けられるような気がします。
今でも、一日一度はかならず、木枯し紋次郎のことを思います。ファンになってから3年あまり、一日の例外もないです。これからもたぶん、ずっとそうだと思います。

(藤田まことさんの訃報はショックでした。)

  • 20100218
  • 花風鈴 ♦-
  • URL
  • 編集 ]
Re: 紋次郎の影を追う「京都ロケ地 丹波国分寺」

花風鈴さま、ご丁寧な仁義恐れ入りやす。

この地の写真を見る度に、ここで過ごした貴重な時間を思い出します。機会があれば、もう一度訪れたい聖地です。

霧の日、雨の日、夕空、木々のシルエット、村の鎮守……どこを見ても紋次郎を想い、切なくなりますね。私も同感です。

藤田まことさんの訃報には、ビックリしました。お仕事を再開されたと聞いていたのに、本当に残念です。
敦夫さんは、藤田さんとも共演をされていたので、ご心痛だろうと察します。

敦夫さんは今日で70歳。あんなに素敵で、ダンディーな70歳は見当たりません。
これからもお元気で活躍されることを、心から願います。

花風鈴さんも、お身体ご自愛下さいね。

  • 20100218
  • お夕 ♦wikz35BA
  • URL
  • 編集 ]
コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/